ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て情報 > 保育サービス事業 その1

保育サービス事業 その1

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

6 保育サービス事業 

サービス名・窓口内容対象者

保育料の軽減

子ども課

  (電話0287-44-3600)

お子さんが2人入所している場合は、2人目のお子さんの

保育料が半額になります。お子さんが第三子以降の場合は、

保育料が免除になります。

・入所(園)している児童

病児サービス

子ども課

(電話0287-44-3600)

済生会宇都宮病院
病児保育施設

(電話028-678-9600)

子育てと就労の両立を支援することを目的として、病院等

において、病気中の児童を一時的に保育する事業です。

・ 病気中であり、かつ、当面症
 状の急変が認められない場
 合で、自宅での保育が困難
 な、就学前の乳幼児および
 小学校就学児童

病後児保育サービス 

子ども課

(電話0287-44-3600)

ぴっころ保育園

(電話0287-43-0266)

就労等の理由により、病気の回復期にある乳幼児・児童を

家庭で保育できない保護者に代わり、一時的にお預かりします。

・矢板市内または広域連携市
 町(さくら市、高根沢町)に居
 住しているか、市内の保育所
 等に入所している乳幼児及び
 市内小学校に在籍する児童

休日保育サービス

子ども課

(電話0287-44-3600)

ぴっころ保育園

(電話0287-43-0266)

休日(日曜・祝日・年末年始)もお子さんをお預かりします。

(1月1日を除く)

・保育所に入所している児童で、
 休日も保育に欠けている児童

・矢板市に住所を有する児童

障がい児保育

子ども課

(電話0287-44-3600)

障がいの程度が、中・軽程度で集団生活が可能なお子さんを

お預かりします。

集団生活が困難なお子さんや医療、介護が必要なお子さんは

入所(園)できない場合があります。

・就学前の保育が必要な児童

11