ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て情報 > 医療費助成制度 未就学のお子さんの助成方法が変わります

医療費助成制度 未就学のお子さんの助成方法が変わります

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月1日更新

こども医療費助成制度 現物給付の対象年齢を拡大します。

平成27年4月1日からこども医療費助成制度における現物給付の対象年齢が未就学児までに拡大されます。

変更内容

※ 今回のこども医療費助成制度の変更に伴い、現在「ひとり親家庭医療費助成制度」又は「重度心身障害者医療費助成制度」をご利用中の未就学のお子さんは、「こども医療費助成制度」をご利用いただくことになります。

変更内容

【平成27年3月31日受診まで】

・3歳未満のお子さん(3歳の誕生日の前日が属する月の末日までのお子さん)の県内受診分は現物給付

・3歳~18歳(高校3年生相当)のお子さんの受診分及び3歳未満のお子さんの県外受診分は償還払い

     ↓

【平成27年4月1日受診から】

未就学のお子さん(6歳の誕生日の前日以後の最初の3月31日までのお子さん)の県内受診分は現物給付

・小学1年生~18歳(高校3年生相当)のお子さんの受診分及び未就学のお子さんの県外受診分は償還払い

用語の解説

〈現物給付〉

 医療機関等で受診する際、「こども医療費受給資格者証」(桃色のカード)を提示することで、保険診療分の支払いが不要になります。(保険適用外は対象になりません。)

〈償還払い〉

 医療機関等の領収書を添付して子ども課へ申請することで、後日、口座振り込みで医療費が戻ってきます。(保険適用外は対象になりません。)くまのお医者さん

  現物給付を受けるには

手続きが必要な方◇

・現在「ひとり親家庭医療費助成制度」又は「重度心身障害者医療費助成制度」をご利用中の方のうち、

平成27年4月時点で小学校就学前のお子さん

→1月中にお手続きに関する案内を送付しますので、お手続きをお願いします。

◇上記以外の方はお手続きは不要です◇

・平成27年4月時点で小学校就学前のお子さん→3月中に新しい受給資格者証を郵送いたします。

 ※古い受給資格者証は破棄していただくか、子ども課窓口に返却願います。

・小学生以上のお子さん(平成27年4月に小学1年生になるお子さんも含む)→引き続き、お手持ちの受給資格者証をご利用ください。