ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 子ども > 救急・健診・予防接種 > 子育て情報 > 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)の積極的勧奨の差し控えについて
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 健康・福祉・衛生 > 感染症 > 子育て情報 > 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)の積極的勧奨の差し控えについて

子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)の積極的勧奨の差し控えについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年6月18日更新

 現在、矢板市では、子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)の接種を積極的にお勧めしておりません。

積極的な接種勧奨の差し控えについて

  子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)については、平成25年4月1日から定期接種(予防接種法に基づく予防接種)として、小学校6年生から高校1年生相当の女子を対象に実施しておりますが、平成25年6月14日付け厚生労働省健康局長通知 [PDFファイル/72KB]により、定期接種としての実施は継続するものの、積極的な接種の勧奨を差し控えることとなりました。 

 今後、予防接種法に基づく対象者で接種を希望する方については、これまでどおり定期接種として全額公費での接種ができます「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」 [PDFファイル/1.35MB]をお読みになり、予防接種の有効性と副反応のリスクを十分理解した上で受けるようにしてください。

 この度の措置は、平成25年6月14日に厚生労働省で開催された、「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきでないとされたことによります。
 参考 厚生労働省ホームページ

 今後、国から新たな対応が示された場合には、矢板市の広報やホームページ等でお知らせいたします。

 なお、ご不明な点がありましたら、市子ども課健康支援担当までお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)