ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て情報 > 児童扶養手当支給要件の一部改正について

児童扶養手当支給要件の一部改正について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月18日更新

平成24年8月から、配偶者からの暴力(DV)被害者に対する児童扶養手当の支給要件が一部改正されました 

 平成24年8月から、配偶者からの暴力(DV)で「裁判所からの保護命令」が出された方も、「児童扶養手当」及び「ひとり親家庭医療費助成」が受給できます。

児童扶養手当とは

 父母の離婚などで、父または母と生計を同じくしていない子どもを養育する家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。

ひとり親家庭 医療費助成

 母子家庭や父子家庭等の方が、保険診療により病院などで受診した際に支払った負担額の一部を助成します。

受給するには

 「児童扶養手当」及び「ひとり親家庭医療費助成」を受給するためには申請が必要です。申請する方の状況により、必要な書類がありますので、申請する前に必ず子ども課にご相談ください。