ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 介護保険 > 平成30年度認知症対応型サービス事業者及び小規模多機能型居宅介護事業者向け研修の受講申込について

平成30年度認知症対応型サービス事業者及び小規模多機能型居宅介護事業者向け研修の受講申込について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月4日更新

 平成30年度における「認知症対応型サービス事業開設者研修・管理者研修」、「小規模多機能型サービス等計画作成担当者研修」の開催が栃木県より告知されましたので、お知らせいたします。

 受講の申し込みは、各事業所の指定権者の市町に対し行う必要があります。

 矢板市における受講申込の締め切りは以下の通りとなりますので、受講をお考えの事業者様におかれましては、確認漏れのないようご留意ください。

 なお、研修の詳細や様式等のダウンロードについては、栃木県の公式ホームページによりご確認ください。

 http://www.pref.tochigi.lg.jp/e03/welfare/koureisha/kaigohoken/30n-kenshu.html(ページ中段以降に記載)

認知症対応型サービス事業開設者研修

 指定小規模多機能型居宅介護事業所、指定認知症対応型共同生活介護事業所、指定看護小規模多機能型居宅介護事業所、指定介護予防小規模多機能型居宅介護事業所又は指定介護予防認知症対応型共同生活介護事業所を運営していく上で必要な知識を修得することを目的とした研修です。

受講対象者

 上記の事業所の代表者又は代表者になることが予定される方

提出書類

 平成30(2018)年度 認知症対応型サービス事業開設者研修受講申込書

提出方法

 郵送または窓口持参

提出期限

 平成30年10月10日(水)必着

認知症対応型サービス事業管理者研修

 単独型・併設型指定認知症対応型通所介護事業所、共用型指定認知症対応型通所介護事業所、指定小規模多機能型居宅介護事業所、指定認知症対応型共同生活介護事業所、指定看護小規模多機能型居宅介護事業所、単独型・併設型指定介護予防認知症対応型通所介護事業所、共用型指定介護予防認知症対応型通所介護事業所、指定介護予防小規模多機能型居宅介護事業所又は指定介護予防認知症対応型共同生活介護事業所を管理運営していく上で必要な知識及び技術を修得することを目的とした研修です。

受講対象者及び要件

 上記の事業所の管理者または管理者になることが予定される方であって、かつ、認知症介護実践研修における実践者研修を修了している方。

提出書類

 平成30(2018)年度 認知症対応型サービス事業管理者研修受講申込書

提出方法

 郵送または窓口持参

提出期限

 第1回  平成30年8月  7日(火)必着

 第2回  平成31年1月29日(火)必着

小規模多機能型サービス等計画作成担当者研修

 指定小規模多機能型居宅介護事業所、指定看護小規模多機能型居宅介護事業所又は指定介護予防小規模多機能型居宅介護事業所において、利用者及び事業の特性を踏まえた指定居宅サービス若しくは指定介護予防サービス等の利用に係る計画又は小規模多機能型居宅介護計画、看護小規模多機能型居宅介護計画若しくは介護予防小規模多機能型居宅介護計画を作成するために必要な知識及び技術を修得することを目的とした研修です。

受講対象者

 上記の事業所の計画作成担当者又は計画作成担当者になることが予定される方であって、認知症介護実践研修における認知症介護実践者研修を修了している方。

提出書類

 平成30(2018)年度 小規模多機能型サービス等計画作成担当者研修受講申込書

提出方法

 郵送または窓口持参

提出期限

 平成30年12月21日(金)必着