ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 介護保険 > 【2月15日更新】平成30年度介護職員処遇改善加算計画書について

【2月15日更新】平成30年度介護職員処遇改善加算計画書について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月24日更新

 平成30年度の介護職員処遇改善加算について、加算を算定する以下の法人については、平成30年度の

 計画書をご提出ください。

  ・ 平成29年度に介護職員処遇改善加算を取得しており、引き続き加算を算定する法人

   ※ 内容に変更等が無い場合でも、計画書の提出が必要です。(添付書類は一部省略可)

  ・ 平成30年4月以降、新たに当該加算を取得する法人

 【提出期限】 平成30年2月28日(水)  必着  タイトなスケジュールとなりますが、よろしくお願いします。

 【提出様式】 平成30年度介護職員処遇改善加算計画書用連絡票(矢板市提出用) [Excelファイル/29KB]

          介護職員処遇改善加算計画書(別紙様式2及び添付書類1~3) [Wordファイル/49KB]


 【そ の 他】  介護保険法の改正により、平成30年3月31日をもって介護予防訪問介護及び介護予防
          通所介護は廃止となりますので、両サービスについては県への届け出は不要となります。

          両サービスは、矢板市が指定を行う総合事業「第1号訪問事業」及び「第1号通所事業」へ
          移行となりますので、加算を算定する際の計画書の提出先は矢板市となります。


 【1月24日】
 
  平成30年度における介護職員処遇改善加算計画書の提出時期は、本来であれば2月28日(水)
 ですが、国の社会保障審議会において、加算区分「Iv」および「V」の廃止について審議がなされている
 ことから、計画書の様式、提出時期等に変更が生じることが想定されます。

  現時点では詳細な情報が出揃っておりませんので、新たな情報がわかり次第、お知らせいたします。