ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 教育・文化・スポーツ > 公民館 > (終了)第3回チャレンジ教室「小学生向けまんじゅう作り講座」開催しました
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > ライフインデックス > 子育て > (終了)第3回チャレンジ教室「小学生向けまんじゅう作り講座」開催しました

(終了)第3回チャレンジ教室「小学生向けまんじゅう作り講座」開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月28日更新

「小学生向けまんじゅう作り講座」を開催しました!

2月19日(日曜日)に、今年度3回目となるチャレンジ教室「小学生向けまんじゅう作り講座」を開催しました。
今回は、火を使うため、小学生以上の募集とさせていただきました。
挑戦者は、8人の子ども達。勇姿を見守る保護者を含め、13人にご参加いただきました。

2班に分かれて作業をしましたが、兄弟などは、あえて別々のテーブルに分けさせていただきました。
上手くコミュニケーションがとれるかな?と、心配な部分もありましたが、それは不要だったみたいです。
1年生から6年生まで参加しましたが、みんなで話しながら、楽しそうに作業ができていました。

作業風景みんな先生の言うことを良く聞いていました。蒸す前と、蒸した後(完成!)

みんな、先生の言うことをよく聞き、助け合いながら調理を進めていきます。微笑ましい^^
たくさん作りすぎて、蒸しあがるまでに飽きてしまった子もいました(次回があれば、鍋を増やすなど、工夫してみようかな?)
・・・が、いざ完成し、おまんじゅうの試食をすると、「おいしい!」という声があちこちからあがり、とても満足そうな様子でした。
最後に、家族へのお土産を持って解散。
「楽しかった」「早く家族に自慢したい」などの声がありました。
開催して良かったな、と個人的にも思えた一日でした。

ぜひ、次のチャレンジ教室にも参加してくださいね!お待ちしています!!

以下は、募集時の掲載内容です。

今回は料理に挑戦!

チャレンジ教室は、普段できない体験をすることで、小学生の自立心・向上心を育てることを目的とした講座です。
第1回は見る機会が少なくなったほたるの観察。
第2回は自分だけのオリジナルバッグのデザインに挑戦しました。

<参考>第1回チャレンジ教室「ほたる観察会」(矢板市公式ウェブサイト内リンク)
<参考>第2回チャレンジ教室「世界にひとつだけのオリジナルバッグをデザインしよう!」(矢板市公式ウェブサイト内リンク)

今年度、第3回となるチャレンジ教室は、料理に挑戦!
それにしても、なぜ、おまんじゅう?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、まんじゅう作りは意外と簡単なのです。
包丁も不要で、低学年の子でも、みんなと一緒にならばできる内容になっています。
また、ご家庭で作る機会はなかなか無いものですので、貴重な体験になると思います。

   「小学生向けまんじゅう作り講座」配布用チラシA4 [PDFファイル/359KB]
   ※参考にご覧ください。印刷・配布等自由ですので、お知り合いの方にもお伝えいただけると嬉しいです。

講師となっている「ほほ笑み会」のみなさまは、泉公民館で大人気の講座「釜の蓋(ふた)まんじゅう作り」の講師をしていただいている方々です。
1人で全員に教えるのではなく、各テーブルに付いてご指導くださいますので安心です。

<参考>釜の蓋(ふた)まんじゅう作り開催しました!(矢板市公式ウェブサイト内リンク)

みなさまの挑戦をお待ちしております!

募集内容 ※現在は募集を終了しています※

開催日時・場所

平成29年2月19日(日曜日) 午前9時から12時頃まで

場所 矢板市泉公民館 2階 調理室

対象者・定員

市内小学生 20人(先着順)
※小学1~3年生は、保護者同伴(見学)可。なお、保護者は定員に含みません。

参加費

500円(材料費)  講座当日にお持ちください。

必要な物

エプロン、髪を覆うもの

講師

下伊佐野 「ほほ笑み会」のみなさま(「釜のふたまんじゅう作り教室」講師)

申し込み方法

2月15日(水曜日)までに、泉公民館へご連絡ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)