ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険制度改革について

国民健康保険制度改革について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月1日更新

国民健康保険制度改革について

平成30年度から国保制度が変わります

国保の財政運営が都道府県主体となります。

国保の財政運営が平成30年度から都道府県主体になります。国保の財政を安定させ、事業を効率よく運営させることが目的です。
制度変更に関するリーフレット[PDFファイル/1.19MB]
制度・税額変更に関するリーフレット [PDFファイル/538KB]

国民健康保険制度改革による変更点
              変わらないこと                 変わること

下記については、これまでどおりお住まいの市町村の窓口でお手続きいただきます。

・ 加入、脱退などのお手続きや保険証(被保険者証)の交付

・ 療養費や高額療養費の給付サービス、特定健診などの保健事業

下記については、平成30年度以降、制度改正により変更となります。以下でご説明します。

・ 加入者(被保険者)の資格管理

・ 高額療養費の多数回該当通算方法

具体的な変更点1 加入者(被保険者)の資格管理が、都道府県単位に変わります

今回の国保改革によって都道府県も国保の保険者になることに伴い、これまで市町村ごとに行っていた加入者(被保険者)の資格管理が、都道府県単位で管理する仕組みへと見直されます。

・ このことにより、平成30年度以降、被保険者の方が栃木県内他市町へ住所異動した場合は、「栃木県の国民健康保険加入者(被保険者)」という資格を継続することとなります。栃木県外への住所異動の場合には、資格の喪失及び取得が生じます。

・ ただし、保険証(被保険者証)は、これまでどおり住所地の市町村が交付します。

・ あわせて栃木県内市町では、平成30年度から下記のようになります。

  (いずれも平成30年8月から)

  ・ 保険証(被保険者証)の更新時期を8月1日とする

  ・ 70歳~74歳の方がお持ちの高齢受給者証を保険証(被保険者証)と一体化する

 

具体的な変更点2 高額療養費の多数回該当の通算方法が変わります

市町村国保などの公的医療保険では、高額な医療にかかった場合、加入者(被保険者)のみなさまの所得に応じて、医療機関の窓口での自己負担が一定額までで済む制度(高額療養費)があります。

また、1年間のうち高額療養費に4回以上該当した場合(「多数回該当」と言います)、限度額が変わります。

(たとえば住民税非課税世帯では自己負担限度額は35,400円ですが、多数回数該当した場合、24,600円となります。)

・ これまでは、市町村をまたいで転居した場合、高額療養費の該当回数は通算されませんでした。

・ しかし、平成30年度からは、同一県内での転居の場合(※)、高額療養費の該当回数が通算されるようになります。

 (※) A市国保からB市国保に変更となったとき、住民票の世帯構成が同じである等の条件(「世帯の継続性が保たれる」といいます)があります。

法律の概要等については、こちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)