ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 保険・年金 > 介護保険 > 地域密着型サービスについて

地域密着型サービスについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月5日更新

地域密着型サービスって何?

 一言でいうと、矢板市に住所がある方のみが利用できる介護保険サービスのことです。
 住み慣れた地域を離れずに生活を続けられるように、様々なサービスが提供されています。

 具体的なサービスの種類は以下のとおりです。矢板市内で提供されているサービスには○、そうでないサービスには×がついています。

 地域密着型サービス事業所を含めた、矢板市内の介護保険事業所一覧はこちら

小規模多機能型居宅介護(介護予防小規模多機能型居宅介護) ○

 「通い」「訪問」「泊まり」の3つを組み合わせたサービスです。
 施設への「通い(デイサービス)」を中心に、自宅に来てもらう「訪問」、施設に「泊まる」サービスを柔軟に利用することができます。

看護小規模多機能型居宅介護 ×

 小規模多機能型居宅介護の「通い」「訪問」「泊まり」に「訪問看護」を加えた4つのサービスを柔軟に受けることができるサービスです。
 ※要支援の方は利用できません。

認知症対応型通所介護(介護予防認知症対応型通所介護) ×

 認知症の方向けの通所介護(デイサービス)です。
 認知症と診断された高齢者が食事、入浴などの介護や支援、機能訓練を日帰りで受けられます。

認知症対応型共同生活介護(介護予防認知症対応型生活介護) ○

 認知症の方向けのサービスで、「グループホーム」と呼ばれます。
 認知症と診断された高齢者が共同で生活できる場(住居)で、食事・入浴などの介護や支援、機能訓練が受けられます。
 ※要支援1の方は利用できません。

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 ○

 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)のうち、定員29人以下の小規模な施設を指します。
 通常の老人ホームと同様に、食事・入浴などの介護や健康管理が受けられます。
 ※新規に入所できるのは原則、要介護3以上の方のみとなります。

地域密着型特定施設入居者生活介護 ×

 地域の小規模な施設に移り住んで受けるサービスです。
 定員29人以下の小規模な介護専用の有料老人ホームなどで、食事・入浴などの介護や機能訓練が受けられます。
 ※要支援の方は利用できません。

地域密着型通所介護 ○

 定員18人以下の小規模な通所介護(デイサービス)施設で、食事・入浴などの介護や機能訓練が日帰りで受けられます。
 ※要支援の方は利用できません。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護 ×

 24時間対応の訪問サービスです。
 密接に連携をとっている介護職員と看護師の定期的な訪問を受けられます。また、通報や電話などをすることで、随時対応も受けられます。
 ※要支援の方は利用できません。

夜間対応型訪問介護 ×

 夜間の訪問サービスです。
 夜間に定期的な巡回で介護を受けられる訪問介護、緊急時など、利用者の求めに応じて介護を受けられる随時対応の訪問介護などがあります。
 ※要支援の方は利用できません。