ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 高齢対策課 > 「わか 和歌 ほんわか ともなりくん ~ほんわか体操ver.~」を作成しました

「わか 和歌 ほんわか ともなりくん ~ほんわか体操ver.~」を作成しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月25日更新

 平成26年12月23日に発表された、矢板市キャラクター「ともなりくん」のテーマソング「わか 和歌 ほんわか ともなりくん」の曲に合わせて、高齢者の方が楽しみながらできる「ほんわか体操」を作成しました。

 「わか 和歌 ほんわか ともなりくん」は、サンバのリズムで作られた曲で、歌詞には矢板市の良さがたくさん盛り込まれています。曲のリズムは速いですが、この「ほんわか体操」は、ゆったりした動きの体操となってますので、小さなお子さんでもできる体操となっています。 

 「ほんわか体操」を利用いただき、日頃から楽しく健康づくりしてください。

動画は、鏡に映した状態で作成していますので、映像と同じ方向の手足を動かしてください。

ほんわか体操パンフレット [PDFファイル/872KB]

運動の内容

 この体操は、主に下半身の運動を中心とした内容となっています。

なぜ下半身なの?

 高齢者の運動機能の低下は、寝たきりの重要な原因である「転倒」に密接に関係しています。転倒を予防する方法としては、下半身(足腰)の筋肉をつけ、骨を丈夫にすることがとても大切です。
 また、転倒して骨折した場合であっても、日頃から運動をしていれば、元の筋肉がしっかりしているので、歩けなくなるほど筋肉が減るまでには時間がかかり、転倒しても寝たきりになりにくくなると言われています。
 また、運動は骨に刺激を与え、骨を作る細胞を活性化させることから、骨折する可能性を減らしてくれる働きがあります。

注意点

(1)呼吸は止めずに、体に無理なく動きましょう。
(2)運動の1つ1つで使われている、関節や筋肉を意識して動きましょう。
(3)曲のリズムに合わせて、笑顔で楽しく動きましょう。
(4)椅子に座る際は、背もたれに寄りかからず、浅めに座りましょう。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)