ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

放射性物質の簡易検査

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

食品中の放射性物質簡易検査について

市民の皆さんから申し込みのあった食品について、放射性物質簡易検査を実施しています。

1.検査項目

 放射性セシウム(Cs‐134・Cs‐137)

2.検査対象品

 一般食品(家庭菜園による自家消費の野菜など)
 ただし、以下のものは検査対象外となります。

【検査対象外品】
・飲料水、土、落ち葉など食品以外のもの
・製造品および原産地が県外のもの
・販売・製造元、原材料の産地、採取場所などが不明で汚染原因が特定できないもの
・販売、出荷などの営利を目的として取り扱うもの

3.検査対象者

 市内に住所を有している方

4.検査申込方法

(1)予約制のため、来庁のうえ受付をしてください(電話予約は不可)
(2)受付にあたり事前説明を受け、ご理解のうえ予約を入れていただきます(1人 1回あたり1検体)

 ※検体は、検査当日にお持ちください。

5.検査受付先・日時

 矢板市消費生活センター(くらし安全環境課)
 月曜日から金曜日(祝日および年末年始を除く)  8時30分から17時15分

6.検査日時

 水曜日、木曜日(祝日および年末年始を除く)   9時30分から14時30分

7.検査結果

(1)検査終了後に、ご本人に口頭にて報告するとともに検体を返却します。
(2)検査結果については、関係機関への情報提供とホームページなどで公表します。

矢板市消費生活センターが実施した放射性物質簡易検査の結果

・この検査は、主に自家消費(家庭菜園)の野菜等が対象となります。
・検査は、相談者が前処理して持参した検体について実施しており、検査結果の値はこの検体のみのものです。
・「産地または採取場所」、「採取・購入・加工日」については、検体を持ち込んだ相談者の申告によるものです。

 ■検査結果

検査結果は下記のPDFのとおりです。
検査結果24年度 [PDFファイル/162KB]
検査結果25年度 [PDFファイル/155KB]
検査結果26年度 [PDFファイル/91KB]
検査結果27年度 [PDFファイル/66KB]
【注意】
・「検出せず」とは、放射性物質(セシウム134・137)の核種毎に検出限界値未満であることを表します。
・「検出限界値」とは、その分析法や計測機器で検出できる最小値(最小限度)のことです。この値は、測定環境(自然界存在する大気中の放射線量)、測定条件(測定時間、検体量や比重)等の条件によって異なっており、検査結果の「検出限界値」にばらつきが生じているのはそのためです。 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)