ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 放射能関連 > 放射能 > 平成24年度における市の除染の取り組み

平成24年度における市の除染の取り組み

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月19日更新

平成24年度における、市の除染の取り組みについて

  市では平成24年度に、国の「放射線量低減対策特別緊急事業費補助金」を利用し、主にお子さんが長時間過ごす
生活空間を中心に、除染に取り組んでまいりました。結果は以下の通りです。

 

主な除染実施施設の空間放射線量率の変化

空間放射線量率単位:1時間当たりマイクロシーベルト

施設名除染作業前測定除染作業後測定低減率
測定時期平均空間放射線量率(毎時)測定時期平均空間放射線量率(毎時)
矢板小学校平成24年7月0.232 マイクロシーベルト平成25年2月0.112 マイクロシーベルト51.70%
東小学校平成24年7月0.226 マイクロシーベルト平成25年2月0.123 マイクロシーベルト45.60%
川崎小学校平成24年7月0.236 マイクロシーベルト平成25年2月0.083 マイクロシーベルト64.80%
西小学校平成24年7月0.205 マイクロシーベルト平成25年2月0.172 マイクロシーベルト16.10%
豊田小学校平成24年7月0.212 マイクロシーベルト平成25年2月0.190 マイクロシーベルト10.40%
泉小学校平成24年6月0.249 マイクロシーベルト平成24年11月0.148 マイクロシーベルト40.60%
矢板中学校平成24年7月0.200 マイクロシーベルト平成25年2月0.165 マイクロシーベルト17.50%
泉中学校平成24年5月0.285 マイクロシーベルト平成24年11月0.170 マイクロシーベルト40.40%
長峰公園平成24年7月0.254 マイクロシーベルト平成25年2月0.181 マイクロシーベルト28.70%

その他の除染を実施した施設
・都市公園 12施設
・農村公園 5施設
・保育所など子ども福祉施設 7施設
・八方ヶ原牧場など永年性牧草地 22施設
・泉地区でお子さんが住む戸建住宅 123戸

より詳しい除染による空間放射線量率の変化は、下記PDFファイルをご覧ください。

平成24年度除染作業実績 [PDFファイル/46KB]

除染の解説

  空間放射線量率は、自然減衰や風雨による移動により、時間の経過とともに下がって行きます。
 現在問題となっている放射性セシウムには、セシウム137とセシウム134があり、福島第一原子力発電所の事故ではほぼ
同数が放出されました。
 このうちセシウム137は半減期が約30年であり、最初の30年が経過した時点で半分に、事故から60年後には25%になり
ます。セシウム134は半減期が約2年であり、最初の2年が経過した時点で半分に、事故から10年後には3.1%に減少します。
この時間の経過とともに減っていくことを、自然減衰と言います。
 平成25年4月現在、事故から2年が経過したため、風雨などによる移動がなければ、セシウム137は約10%減少、セシウム
134は50%減少しているため、合計約30%の放射性セシウムが減少しています。

 放射性物質は時間の経過とともに減っていきますが、減り方はだんだん緩やかになっていきます。また、元の量がとても
多ければ、その分減るまでに長い時間を要することとなります。
 除染作業は、放射性物質を取り除き、量を減らすことで、その減少を早める効果があります。
 特に周囲よりも高い空間線量となっている箇所(ホットスポット)を除染することが、もっとも効率の良い除染作業となりま
す。

除染未実施施設の空間放射線量率の推移除染実施済み施設の空間放射線量率の推移

 除染とは、放射性物質を取り除き、集め、隔離することです。
 放射性セシウムだけを取り除くことはほぼ不可能なので、通常はセシウムを含む汚泥を取り除きますが、セシウムの量に
対し土の量のほうがはるかに多いため、特にセシウムの濃度が高い汚泥を選んで取り除きます。
 取り除いた汚泥は1箇所に集めますが、集めることで放射性セシウムの量が増え、その付近の空間放射線量率も高くなり
ます。
 そのため、集める場所を人が近づかない所にする、フェンスなどで囲って近づけないようにする、埋めることで遮へいする
などといった隔離をします。
 残念ながら、現在の技術では放射性物質そのものを消すことはできないので、除染後の集積した放射性セシウムは、自
然減衰を待つこととなります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)