ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

資源物回収団体報奨金

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月18日更新

 自治会・育成会や子供会、老人会などの団体が、空き缶やペットボトル、古紙類(段ボール、雑誌、新聞、牛乳パック)などの資源物を回収した場合にそれぞれの回収量に応じて報償金を交付しています。

概要

(1)報償金の支給

  • 古新聞、古雑誌、ダンボール、空ビンなどの資源ごみをあつめ、売却したとき、次の算式により報償金を支給します。
    《3,000円+別表に定める単価×収集重量 = 報償金》
  • 収集団体には、売却代金のほかに報償金の収入があります。
  • 報奨金の上限は1回の申請あたり30,000円となります。(最高 年間90,000円まで)
別表
品目単価
新聞、雑誌、ダンボール1kgあたり5円
酒、醤油、ビール、ジュースビン1kgあたり5円
布類1kgあたり5円
牛乳パック、ペットボトル1kgあたり20円
アルミ缶1kgあたり20円
スチール缶1kgあたり30円

(2) 団体の届出及び収集計画

 この制度を利用する団体は、年度当初に振込先の通帳コピーとともに「資源ごみ回収団体届出書」(下記よりダウンロードできます)を市に提出してください。

(3)申請の方法等

  • 牛乳パックは「資源ごみ売却実績報告書」(くらし安全環境課にあります)を添えて市役所くらし安全環境課までお持ちください。重量を計測して証明いたします。
  • ペットボトルは塩谷広域環境衛生センターへ持ち込んでください。市役所では受入れを行いません。
  • 牛乳パック以外は、古物商あるいは酒店にて収集した重量を「資源ごみ売却実績報告書」に記載してもらい、くらし安全環境課に提出してください。
  • 報償金の申請は、年3回となります。下記の申請期間中に申請されたものが対象となりますので、定期的な回収の実施と実績報告をお願いします。

(4)申請期間

 1回目 受付期間  平成29年4月から6月末日  (交付時期:7月)

 2回目 受付期間  平成29年7月から10月末日  (交付時期:11月)

 3回目 受付期間  平成29年11月から平成30年2月末日  (交付時期:3月)

(5)注意事項

  • 牛乳パックは、500cc及び1リットルパックで、内側が白色(茶色・銀色は不可)のものに限ります。また、同じようなものであればジュースパック・酒パックでも可能ですが、いずれもきれいに洗って開いたものに限ります。乾かした後、ひもで十字にしばって、くらし安全環境課へお持ちください。
    (1リットルパックは30枚で約1キログラムになります。)
  • 空ビンについては、下記の換算表に当てはめて重量を算出します。
空ビン換算表(1本あたり)

品目

kg

品目

kg

ビールビン(特大)1.2kg酒ビン(一升)0.9kg
ビールビン(大)0.6kg醤油ビン(一升)1.4kg
ビールビン(中)0.5kgジュース1リットルビン0.6kg
ビールビン(小)0.4kgジュース(小)0.4kg

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)