ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > くらし安全環境課 > 古くなった消火器の取扱いについて

古くなった消火器の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月23日更新

 古くなった消火器は、いざという時に使えなかったり、そのまま放置していると事故に繋がる場合があります。
 次のような消火器は、点検または廃棄・リサイクルをおすすめします。

1:「耐用年数」を過ぎている消火器
 すべての消火器は、本体に製造年が表示されています。住宅用消火器の寿命は概ね5年です。
 期限を過ぎた消火器は、販売店等にリサイクルを依頼してください。

2:錆びたり、腐食している消火器
 屋外や水回りの近くなどで保管している消火器は、耐用年数以内でも錆びや腐食が出ることがあります。
 錆びや腐食などが無いか、定期的に点検をしてください。

3:大きなキズや変形、部品の破損が見られる消火器
 強い衝撃や経年による大きなキズ、凹みや、キャップの破損などが見られる消火器は、耐用年数内でも使用しないでください。

消火器

消火器のリサイクル・処分について

 矢板市では、消火器の収集を行っていません。消火器の処分は(一社)日本消火器工業会が地域の販売代理店(特定窓口)と協力して行っていますので、下記よりお問い合わせください。

消火器リサイクルイメージ

1:矢板市内のリサイクル申込窓口(特定窓口)
 
・有限会社 笹沼防災設備
 矢板市木幡1282-23/TEL:0287-43-2160
 ※処分には消火器リサイクルシール代及び運送・保管費用が必要です。持ち込みの際は事前にお問い合わせください。

2:消火器リサイクルに関するお問い合わせ窓口 
 ・消火器リサイクル推進センター
 TEL:03-5829-6773 (受付時間 9時00分~17時00分 ただし、土日祝日、休日及び12時00分~13時00分を除く)
 ホームページ:hthp://www.ferpc.jp/

3:郵送にて回収を希望の場合  
 ・エコサイクルセンター/ゆうパック専用コールセンター 
 TEL:0120-822-306(受付時間10時00分~17時00分 ただし、土日祝日、休日及び12時00分~13時00分を除く)
 ホームページ:https://www.ferecycle.jp/
ゆうパックによる回収は、インターネットまたはお電話での事前申込が必要です。また、薬剤量3kg以下または3L以下の消火器が対象です。
 詳しくはゆうパック専用コールセンターまたは専用ホームページでご確認ください。

リサイクル対象外の製品について

以下の消火器具については、当リサイクルシステムでは処理することができません。

・外国製消火器
  →処分方法については、販売元や輸入元にお問い合わせください。

・エアゾール(スプレー)式消火具
  →中身を抜き、穴を開けて不燃ごみとして出してください。
  (中身の抜き方については、本体に記載されているメーカーにお問い合わせください)

・手投式消火具(消火弾)
  →素材や処分方法について、本体に記載されているメーカーにお問い合わせの上、分別して捨ててください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)