ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 教育総務課 > 小中学校の適正規模・適正配置について

小中学校の適正規模・適正配置について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月11日更新

矢板市立小中学校適正配置検討委員会を設置しました。  平成30年6月1日

 平成30年3月、「矢板市公共施設再配置計画」が策定されました。
 これを受け、学校教育についても、子どもたちにとってより良い教育環境と充実した学校教育実現のため、矢板市立小中学校適正配置検討委員会を設置し、小中学校の適正規模及び適正配置を検討していきます。

適正配置検討委員会を開催しました。 

矢板市立小中学校適正配置検討委員会
会   議   等日   時内         容

第1回 矢板市立小中学校適正配置検討委員会

平成30年6月29日
(金曜日)

◆ 委員の委嘱、概要説明、検討の進め方など

第2回 矢板市立小中学校適正配置検討委員会

平成30年7月9日
(月曜日)

◆ 学校の現状視察、アンケートについて

学校視察1学校視察2

第3回 矢板市立小中学校適正配置検討委員会

平成30年9月21日
(金曜日)

◆ 講話「これからの教育と学校のあり方」等
  講話資料 [PDFファイル/608KB]
◆ アンケートの結果について
◆ アンケートから見る子どもにとって望ましい学校像・
  学校規模について(討議)

第3回写真

第4回 矢板市立小中学校適正配置検討委員会

平成30年10月29日
(月曜日)

◆適正規模・適正配置の視点について
◆子どもにとって望ましい学校について
◆学校の配置について

 アンケートの意見や矢板市の実状を踏まえ、望ましい学校像や学校規模(1学級当たりの人数や1学年当たりの学級数)を検討しました。
 また、適正配置についても案を検討しました。

第5回 矢板市立小中学校適正配置検討委員会

平成30年12月3日
(月曜日)

◆施設ごとの適正配置の基本的考え方について
◆答申(案)について

 統合に伴い、学校づくり方向性や通学距離や学区の考え方、統合の時期について基本的考え方をまとめ、具体的な学校配置について検討しました。

第6回 矢板市立小中学校適正配置検討委員会

予定
平成31年1月21日
(月曜日)

◆答申(案)について(最終審議)

意識調査を実施しました。  平成30年7月12日(木曜日)~平成30年8月10日(金曜日)

適正規模・適正配置に関する意識調査(アンケート)を実施しました。

 対象者  (1)小学5年生、中学2年生

            (2)上記児童生徒及び未就学児の保護者

           (3)小中学校の教職員

           (4)一般市民

意識調査の結果

ご協力ありがとうございました。アンケートの結果がまとまりました。

  1.回収率   61% (回答者1,225件/依頼対象者2,020件)

  2.調査結果

     小学生・中学生アンケート [PDFファイル/237KB]

     保護者・教職員・一般市民アンケート [PDFファイル/319KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)