ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農業委員会事務局 > 矢板市農地利用最適化推進委員の再募集について

矢板市農地利用最適化推進委員の再募集について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月15日更新

矢板市農地利用最適化推進委員の再募集について

 矢板市農地利用最適化推進委員の募集(2月15日~3月14日)を行いましたが、定員20名以内に対して、応募数が10名であり、定員に満たない募集結果となりました。

 下記のとおり、農地利用最適化推進委員の再募集を行います。

 ●農地利用最適化推進委員(定数 20名以内)

・ 農地に関する熱意と見識を有し、その職務を適切に行うことができる方 20名以内

・ 担当区域及び定員並びに、平成29年3月14日現在の応募状況は以下のとおりです。

地区名

定  員

 応募状況  

中、富田

1人

1人

木幡

1人

1人

川崎反町、境林、館ノ川、高塩、合会、倉掛

1人

矢板、幸岡、片俣、塩田

2人以内

2人

下太田、荒井、針生、土屋、末広町、東町

1人

成田、沢、豊田

2人以内

2人

上太田、東泉、山田、田野原、下伊佐野

2人以内

2人

泉、立足、長井、寺山、高原

2人以内

2人

平野、上伊佐野、第一農場、第二農場

2人以内

前岡、後岡、梶が沢、上安沢、中安沢、本田坪、下・山根、

東安沢

2人以内

東乙畑、西乙畑、白栗、片岡駅前、越畑

2人以内

上大槻、下大槻、石関、通岡、玉田、山苗代

2人以内

  

3.募集要件

 次のいずれかに該当する方は委員となることはできません。 

  ●破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者

  ●禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたはその執行を受けることがなくなるまでの者

 

4.農地利用最適化推進委員の主な職務

 (1)農地等の利用の最適化(担い手への農地利用の集積・集約化、耕作放棄の発生防止・解消、新規参入の促進)

 (2)法人化その他の農業経営の合理化  

 (3)農業に関する調査及び情報提供

 (4)農地法等により農業委員会の権限に属された事項に係る意見の進言 など

5.申し込み方法

 次の書類に必要事項を記載し、農業委員会へ直接お持ちください。

 応募書類は農業委員会事務局(新館2階)の他、矢板公民館、泉公民館、片岡公民館に置いてあります。また、本ページからダウンロードすることもできます。

  ●農地利用最適化推進委員

 農地利用最適化推進委員(個人推薦用) [Excelファイル/47KB]

    個人推薦用書き方例(推進委員) [Excelファイル/76KB]

 農地利用最適化推進委員(団体推薦用) [Excelファイル/46KB]

    団体推薦用書き方例(推進委員) [Excelファイル/68KB]

 農地利用最適化委員(応募用) [Excelファイル/42KB]

    応募用書き方例(推進委員) [Excelファイル/64KB]

6.応募受付期間

 平成29年3月15日(水曜日) 午前8時30分から 平成29年4月14日(金曜日) 午後5時15分まで

 

7.公表について

 推薦・応募された内容は、一部箇所を除き募集期間中及び募集期間終了後に矢板市ホームページで公表します。あらかじめご了承ください。

 

8.候補者の選定について

 応募書類に記載された内容をもとに、募集要件を満たしているかを候補者評価委員会にて審議し、公正に選定します。