ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 事業者の方へ > 農林業 > 林業 > 森林の土地の所有者届出制度

森林の土地の所有者届出制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月18日更新

 森林の土地の所有者となった方は届出が必要です

届出対象者

 個人・法人を問わず、売買や相続等により森林の土地を新たに取得した方は、面積に関わらず届出をすることが義務付けられています(森林法第十条の七の二)。ただし、届出が不要な森林もありますので、詳しくは商工林業観光課までお問い合わせください。

届出期間

  土地の所有者となった日から90日以内に、取得した土地のある市町村の長に届出をしてください。

届出事項

  届出書には、届出者と前所有者の住所氏名、所有者となった年月日、所有権移転の原因、土地の所在場所・面積、土地の用途等を記載してください。

 森林所有者届出書 [Wordファイル/41KB]
 森林所有者届出書(記載例) [Wordファイル/44KB]

添付書類

 登記事項証明書、または、土地売買契約書など、権利を取得したことが分かる書類の写しと、土地の位置を示す図面を添付してください。

提出先

 商工林業観光課窓口に提出してください。