ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会福祉課 > 母子父子寡婦家庭・児童に対する援助

母子父子寡婦家庭・児童に対する援助

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月1日更新

4 母子父子寡婦家庭・児童に対する援助  子ども課 子育て支援担当(電話0287-44-3600)

サービス名内容対象者
児童手当

子どもの健やかな育ちを支えるため、15歳

到達の年度末までの子どもを養育している方

に手当が支給されます。

【支 給】6月、10月、2月

【手当額】

・所得制限額未満の方

 3歳未満   月額15,000円

 3歳以上小学校修了前 月額10,000円

 (第3子以降は        月額15,000円)

 中学生               月額10,000円

・所得制限額以上の方

 月額5,000円

※所得制限があります。
やいたみらいっ子誕生祝金

子の出産に際し、誕生を祝い健やかな成長を

願って、2人目以降のお子さんを出産された

方に祝い金を贈ります。

  支給対象児1人につき30,000円

・出生により矢板市住民として登録された、

 2人目以降の子を養育する父または母など

 で引き続き6カ月以上市内に住んでいる方

※申請期限があります

(出生の日などから90日以内)

児童扶養手当

父または母と生計を同じくしていない児童あるいは

父または母に重度の障がいがある児童が育成

される家庭の生活の安定と自立を支援するため、

18歳到達の年度末までの児童を養育している方

に手当が支給されます。

【支 給】 4月、8月、12月

【手当額】 基本月額41,020円

 ※第2子以降加算あり

 ※受給者の所得に応じて一部減額あり

(1)父母が婚姻を解消した児童

(2)父または母が死亡した児童

(3)父または母が重度の障がいにある児童

(4)父または母の生死が明らかでない児童

(5)父または母が引き続き1年以上遺棄して

    いる児童

(6)父または母が引き続き1年以上拘禁されて

    いる児童

(7)父または母が裁判所からのDV保護命令を

    受けた児童

(8)母が婚姻によらないで、懐胎した児童

(9)父母ともに不明な児童

※所得制限があります。

遺児手当

両親または父母の一方が死亡した児童を養育して

いる方に、義務教育が終了するまで手当が支給

されます。

【支 給】 3月、6月、9月、12月

【手当額】 月額3,000円

       (支給対象児1人につき)

(1)児童を監護している父または母

(2)父母以外の方で児童と同居し生計を維持

  している方

※市民税の所得割が非課税の方

母子父子招待事業

(矢板市社会福祉協議会委託)

(電話0287-44-3000)

ひとり親家庭の親と子が、社会見学やふれあい

体験を通じ親睦を図り、活力を養う機会を提供

します。

・ひとり親家庭の親と義務教育期間中

  の子

※一部参加者負担があります。

母子、父子自立支援員兼婦人相談員

ひとり親家庭や寡婦の方の生活安定とその児童の

福祉の向上を図るため、各種資金の貸付、職業

能力の向上や求職活動に係る支援及び情報

提供を行うなど、悩みごとの相談相手となります。

DV(配偶者からの暴力)をはじめ、女性が抱える

様々な悩みの相談に応じます。

・ひとり親家庭の母親や寡婦の方

・悩みを抱えている女性

※一部事業については、父子家庭の

 父親も該当します。

8