ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会福祉課 > 身体・知的・精神障がい者に対する援助

身体・知的・精神障がい者に対する援助

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月1日更新

2 身体・知的・精神障がい者に対する援助  社会福祉課 社会福祉担当(電話0287-43-1116)

サービス名内容対象者

軽度・中等度難聴児

補聴器購入費助成事業

身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度

の難聴児の日常生活や職業生活を容易にするために

補聴器の交付、修理を行います。原則として3割自己

負担となります。

次の要件を満たす、市内在住の18歳

未満の児童

・両耳の聴力レベルが原則として30

 デシベル以上70デシベル未満で、身体

 障害者手帳の交付対象とならない児童

※所得に応じて対象外となる場合が

 あります。

在宅重度身体障がい

者(児)日常生活用具給付

在宅の重度身体障がい者(児)の日常生活を容易

にするため、日常生活用具の給付を行います。

原則として1割自己負担となります。

※所得に応じて上限額があります。

・障害者総合支援法第4条第1項に

 定める方

※所得に応じて対象外となる場合があります。

小児慢性特定疾患児

日常生活用具給付事業

在宅の小児慢性特定疾患児の日常生活を容易に

するため、日常生活用具の給付を行います。

制度上、保護者の所得に応じた自己負担があります。

小児慢性特定疾病医療費受給者証を所持し

ている児童

障がい者相談支援事業

相談支援専門員が、障がいのある方からの相談に応じ、

情報提供や権利擁護のために必要な支援を行います。

<相談支援事業者>

矢板市障がい児者相談支援センター

電話40-0886

・身体・知的・精神障がい者等

成年後見制度利用

支援事業

成年後見制度を利用することが有用であると

認められる知的障害者または精神障害者に対し、

成年後見制度の利用に要する経費等の全部

または一部の助成を行います。

・重度の知的・精神障がい者

・認知症高齢者

意思疎通支援事業

聴覚、言語機能、音声機能等の障がいのため、

意思疎通を図ることに支障がある人とその他の人

の意思疎通を仲介するために、手話通訳者または

要約筆記奉仕員の派遣を行います。

・障害者総合支援法第4条第1項に

 定める方

移動支援事業

社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動等の

社会参加のための外出の際の移動を支援します。

(移動のための手段、費用は含まれません。)

・障害者総合支援法第4条第1項に

 定める方

身体障がい者訪問

入浴サービス

移動浴槽車を配車して入浴介助を行い、

健康で安らかな生活を営むことができるよう援助します。

・身体障害者手帳1、2級で独力での

 入浴が困難な方

4