ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 戸籍謄抄本・身分証明書の請求

戸籍謄抄本・身分証明書の請求

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月23日更新

矢板市に本籍がある方の戸籍謄抄本の請求

請求することができる方

 (A) 戸籍に記載されている本人、またはその配偶者(夫または妻)、その直系尊属(父母、祖父母等)若しくは直系卑属(子、孫等)
 (B) 自己の権利の行使または義務の履行のために必要な方
    (例えば、亡くなった兄弟姉妹の相続人となった方が、兄弟姉妹の戸籍謄本を請求する場合等)
 (C) 国または地方公共団体の機関に提出する必要がある方
 (D) その他戸籍に記載された事項を利用する正当な理由がある方
    (例えば、成年後見人であった者が、死亡した成年被後見人の遺品を相続人である遺族に渡すため、成年被後見人の戸籍謄本を請求する場合等)

請求に必要なもの

(A)の方が請求する場合    

  • 窓口に来られる方の「本人確認」ができるもの(運転免許証、パスポート、顔写真付きの住民基本台帳カード等)
  • 直系親族に当たる方からの請求の際、請求された戸籍に請求者の名前が載っていない場合
    (例えば、婚姻によって親の戸籍から出て夫婦の新戸籍が作られた子が、親の戸籍の謄本等を請求する場合等)は、請求者が戸籍に記載されている「本人」の直系親族であることを確認できる資料(戸籍謄本等)
  • (A)の方の代理人からの請求の場合は、(A)の方が作成した委任状

(B)~(D)の方が請求する場合

  • 窓口に来られる方の「本人確認」ができるもの(運転免許証、パスポート、顔写真付きの住民基本台帳カード等)
  • (B)~(D)の方の代理人からの請求の場合は、(B)~(D)の方が作成した委任状

 ※交付請求書の記載から請求の理由が明らかでない場合には、必要な説明を求めたり、追加の資料を求めることがあります。

 

矢板市に本籍がある方の身分証明書の請求

  • 成年の方は、本人のみが請求できます。
  • 未成年の方は、本人または親(親権者)が請求できます。
  • 代理人が請求する場合は、本人からの委任状が必要です。

矢板市に本籍のある方の請求方法

1 本人(未成年の方も含みます)が請求する場合

  • 請求者の住所、氏名等を記入し、認め印を押してください。
  • 身分証明書の通数を記入してください。
  • 本籍、筆頭者氏名、本人の氏名、生年月日を記入してください。

2 親(親権者)が請求する場合

  • 1と同じです

3 代理人が請求する場合  

  •  請求者の住所、氏名を記入し認め印を押してください。
  • 本人からの委任状が必要です。
  • あとは、1、2と同じです。

矢板市以外に本籍がある方の請求方法

本籍がある市区町村の窓口で直接請求するか、郵送により請求してください。
なお、郵送用の請求書が必要な場合は、窓口にお越しください。

 

矢板市以外に本籍がある方の請求(郵送請求方法)

 本籍がある市区町村の窓口へ行って直接請求するか、郵送により請求してください。

 ※必要な戸籍の本籍、筆頭者氏名、欲しい方の氏名を正確に記入できない場合は、交付されませんので注意してください。

 郵送請求の方法

 下記のもの((1)から(4))を用意して、本籍地の市区町村に請求してください。

  郵送請求の流れ(イメージ) [PDFファイル/300KB]

(1)    必要な事項を記入した請求書・戸籍全部・個人事項証明(謄本・抄本)等郵便請求書(PDF87キロバイト)                  

(2) 本人確認資料(運転免許証など)の写し

(3)    手数料(郵便局で定額小為替をお買い求めください。切手、収入印紙等ではお取り扱いできません)

(4)    返信用封筒(切手を貼って、請求者の方の住所を記入ください)

※返送先は本人確認資料に記載されている住所か、戸籍の附票または住民票に記載されている住所になりますので、その住所を記載してください。

手数料

手数料
種別単位料金
戸籍全部・個人事項証明(謄本・抄本)1通450円
除籍・改製原戸籍謄本1通750円
戸籍の附票1通200円
身分証明書1通200円

 ※  戸籍の附票、身分証明書は各市区町村によって手数料が違いますので、
  あらかじめ本籍地の市区町村へお問い合わせください。

 注意事項

郵送請求の場合は、配達や処理の都合上、日数に余裕をもって請求してください。
身分証明は本籍のある市区町村で交付します。
第三者による本人なりすましを防止するため、本人確認のための身分証明書が必要になります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)