ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 市民活動 > 市民協働 > 地域コミュニティ推進事業実施中
トップページ > 分類でさがす > 市民の方へ > 市民活動 > 地域コミュニティ > 地域コミュニティ推進事業実施中

地域コミュニティ推進事業実施中

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月31日更新

 地域コミュニティの活動や地域コミュニティ間の連携の強化などを図り、世代間の交流や伝統文化の継承、地域課題の解決などの取り組みを通じて、地域コミュニティを中心とした地域づくりを目指します。
 市は、地域コミュニティが自立して行う事業に対し、各種支援を行います。

地域コミュニティへの支援内容

 地域コミュニティへの具体的な支援内容については、「地域コミュニティ活動の手引き」及び「地域コミュニティ活動助成金交付要綱」をご覧ください。

地域コミュニティ活動の手引き [PDFファイル/229KB]

矢板市地域コミュニティ活動支援助成金交付要綱 [PDFファイル/283KB]

地域コミュニティ推進事業の流れ

1 まずは生涯学習課に相談

 地域コミュニティ推進事業は行政区単位(または複数の行政区で一緒に)で取り組む事業です。事業の内容や申請方法について、まずは生涯学習課にご相談ください。

2 「活性化プラン」の作成

 地域コミュニティ推進事業の実施が決定したら、まず「活性化プラン」を作成します。「活性化プラン」とは、地域の現状と課題及び地域社会の将来像(地域の目指すべき方向性)並びに課題解決に向けた取り組みなど、自立した地域コミュニティ活動を継続的に進めていくためのもので、地域コミュニティ自らが定めます。

3 活性化プランの発表

 活性化プランを作成したら、代表者が地域コミュニティづくり推進会議においてプランを発表します。地域コミュニティづくり推進会議では、コミュニティ関係者や市民団体・ボランティア団体関係者が委員となり、プランの妥当性を評価します。
 同時に、実施中の地域の活動報告を行い情報交換・情報共有をします。また、推進会議から地域コミュニティに対して助言・指導を行います。

地域コミュニティづくり推進会議のようす
会議のようす1     会議のようす2

4 地域コミュニティ活動の実施

 活性化プランに基づき、地域コミュニティの再生を図るため、地域住民の総意と協力により活動します。地域社会の抱える課題の解決及び地域社会が持つ資源や特性を活かした魅力ある地域づくりに実践的に取り組みます。
 活動においては、単年度ごとに活動計画・報告と予算書・決算書及び助成金交付申請書を提出します。
 活動助成金の交付は、原則として、プラン作成の翌年度からとなります。

5 活動のふりかえり

 毎年、地域コミュニティ活動を行った結果をふり返り、活動の成果や課題を推進会議で発表します。推進会議にて情報交換・情報共有を図り、次の活動に活かしていきます。

まもなく終了となります

 交付要綱にありますとおり、地域コミュニティ推進事業における助成につきましては、平成30年度をもって終了となります。前述のとおり、活動助成金の交付はプラン作成の翌年度からとなるため、実質的に平成29年度にプランを作成した行政区までが助成金の交付対象となります。
 また助成限度額について、3年間合わせて最高60万円としておりますが、事業終了に伴い、運用上次のとおりとさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

活性化プラン作成年度

交付対象年度

助成限度額

平成28年度

平成29、30年度の2年間

2年合わせて40万円

平成29年度

平成30年度の1年間

20万円

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)