ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > (仮称)とちぎフットボールセンターについて

(仮称)とちぎフットボールセンターについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月24日更新

 (仮称)とちぎフットボールセンターについて

 (仮称)とちぎフットボールセンターは、市民のみなさまを始め近隣市町の応援も得て、約32,000名もの署名をいただき、候補地の選定を得たものであり、何よりも市民のみなさまの大きな期待が寄せられている施設です。

市民のみなさまに喜んでいただけるような、また、市外からも利用者が訪れ、市の活性化が図れるよう常ににぎわいのある施設にしていく考えです。

これまでの経緯

平成27年

7月9日   栃木県サッカー協会が「(仮称)とちぎフットボールセンター」整備構想をまとめ自治体に提案するとの新聞報道あり。

8月19日  市議会全員協議会にて、Jt倉庫跡地を市が取得し誘致に乗り出すことを表明

10月21日 日本たばこ産業(株)とJt倉庫跡地の不動産売買契約を3億700万円で締結(10月23日所有権移転登記完了)

11月19日 「(仮称)とちぎフットボールセンター誘致市民の会」を設立し、オール矢板による誘致組織を立ち上げ署名活動を展開

12月11日 市長、議長、副議長により、県北地区4市4町への要望活動実施

12月25日 市長、副市長、議長、副議長により、栃木県サッカー協会に「(仮称)とちぎフットボールセンター整備に関する基本計画書」提出

   ※基本計画書の概要

   矢板市末広町49番 42,735.08平方メートル

   整備ランクは県協会提案のAランク+α(矢板市拡充分)

   人工芝サッカー場夜間照明付き   1面

   人工芝サッカー場           1面(夜間照明付き)

   天然芝サッカー場           1面

   クラブハウス(500平方メートル)   1棟(1,192.46平方メートル)

   駐車場(200台)             1箇所(211台)

   平成28年度事業着手、平成31年度供用開始予定

   概算総事業費 9億3千万円

            (財源内訳)

             日本サッカー協会補助金         1億円

             栃木県サッカー協会補助金       1,400万円

             Toto(スポーツ振興くじ)助成金      1億4,900万円

             一般財源                     6億6,700万円(うち5億円は起債(市の借金)にて対応予定)

             ※補助金額は、県サッカー協会が提示した整備構想での率による。

平成28年

2月29日  栃木県サッカー協会が「矢板市」と「小山市」の2か所を候補地として選定したことを発表

6月23日  市議会6月定例会で、詳細設計業務委託費として、7,573万円の補正予算が承認

8月17日  栃木県サッカー協会来市

         日本サッカー協会助成金   3,000万円の減

         Toto助成金               8,100万円の減

         栃木県サッカー協会助成金   600万円の増

        合計1億500万円の市負担額の増が明らかとなる。

8月18日  市議会全員協議会で、上記の旨報告

         市長、民間活力を導入するなど、整備内容の見直しを含めての調査に言及

9月14日  民間活力導入可能性調査業務委託を、民間コンサルタント会社に発注(委託期間平成29年3月21日)

        調査委託概要  

        ・(仮称)とちぎフットボールセンター施設整備事業を効率的かつ効果的に推進するために、事業内容の検討及び整 

        理行い、事業計画案を策定する。

       ・民間の資金、能力を積極的に活用し、より質の高い公共サービスの提供を図る事を目指し、その可能性を調査す

        る。 

 栃木県サッカー協会に提出した当初の整備計画案が良いのか、それともその他の案が良いのか。そしてそれらが民間活力の導入に適した施設となるのか。また、民間活力を導入した場合、市が実施する場合と比較して、どれだけのコストダウン・サービスの向上が図れるか等について、現在実施中の調査の結果を基に施設整備計画と管理運営計画を平成29年度の早い時期に提示し、ご意見をいただく機会を設けたいと考えております。今後ともご協力をよろしくお願いいたします。

 

よくある質問

質問:当初の計画を見直すこともあるのか。

回答:現在実施している調査結果を待って、判断していくものと考えております。調査では、当初計画の再検討、また、他のスポーツ施設の可能性等についても案を検討しております。

質問:今回の調査は、どこまでなのか。

回答:施設整備計画案をいくつかのパターンで作成し、調査で得た根拠を基に、それぞれの案に対するメリット、デメリットを検証します。また民間活力導入により、市が実施する場合と比較して、どれだけコストダウンできるかについても検証します。

質問:民間活力が適さない場合もあるのか。

回答:場合によっては有ります。一般的に、施設整備や維持管理・運営の費用が多ければ多いほど、民間活力導入によるコスト削減のメリットは大きいと言われております。

質問:民間活力の導入は、どの範囲までなのか。

回答:採択する事業手法(指定管理者制度、PFI等)により、民間活力の導入範囲が異なります。一般的に指定管理者制度では、施設の維持管理・運営を、PFIでは、施設の設計からその後の維持管理・運営までを一括で民間事業者に発注することになります。本調査において、民間事業者の意見を参考にしながら、導入する事業手法を検討してまいります。

  (PFI:Praivete Finance Initiativeの略。民間資金等を活用した社会資本整備の意)

質問:Jリーグの試合はできないのか。

回答:(仮称)とちぎフットボールセンターは、大規模な観客席を備えるスタジアムではありませんので、Jリーグなどプロチームの公式戦はできません。しかし、プロチームのキャンプ地や栃木県サッカー協会が主催する各種大会、強化練習の実施は可能となりますので、学生やクラブチームのサッカー大会などに、積極的に利用していただきたいところです。

質問:市の負担額が増加しているが、財政状況は大丈夫なのか。

回答:矢板市にとりまして、大きな支出になることは間違いありませんので、今後の財政支出などを考慮しつつ、施設整備に向けて取り組んでまいりたいと考えております。

 

担当課 生涯学習課 スポーツ推進班 ☎43-6218