ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工観光課 > 勤労者・離職者支援貸付制度

勤労者・離職者支援貸付制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月18日更新

【勤労者生活資金融資制度】

 県では、勤労者の生活安定と福祉向上を図るため、中央労働金庫と協力して低利の融資制度を運営しています。

一般勤労者

対象者

 勤務年数が1年以上となる県内に居住する勤労者

資金使途

 貸付対象者または家族のための生活資金

最高融資額

 100万円(教育資金は200万円が最高融資額となります。)

貸付利率

 年1.9%(別途保証料が必要になります。)

失業者

対象者

次の要件を全て満たす方

  • 満65歳未満で世帯の生計を支えていること
  • 企業倒産等による失業で現に求職中であること
  • 離職後1年6ヶ月以内で県内に1年以上居住していること

資金使途

 貸付対象者または家族のための生活資金

最高融資額

 100万円

貸付利率

 年1.2%(別途保証料が必要になります。)

連帯保証人

 1名(同居家族は除きます。)

問い合わせ

中央労働金庫栃木県本部
電話番号:028-622-4296

又は
 最寄りの支店
 (矢板市の最寄りの支店は矢板支店となります。電話番号:0287-43-2424)

又は
 栃木県労働政策課
 電話番号:028-623-3219

又は
 大田原労政事務所
  電話番号:0287-22-4158)

【離職者支援資金貸付制度】

 社会福祉法人栃木県社会福祉協議会では、栃木県と協力して、生計中心者の失業により生計の維持が困難となった世帯の自立を支援するため、再就職までの間の生活資金として離職者支援資金を貸し付けしています。

貸付対象

次の要件を満たす方

  • 生計中心者の失業によって生計の維持が困難となった世帯であること。
  • 生計中心者が就労することが可能で、求職活動等を行っていること。
  • 生計中心者が就労することにより世帯の自立が見込めること。
  • 生計中心者が離職の日から2年を超えていないこと。ただし、就労のための技能習 得等を行っている場合には、3年を超えていないこと。
  • 生計中心者が雇用保険の一般求職者給付を受給していないこと

貸付条件

貸付条件
貸付限度額据置期間償還期限備考
240万円以内
(単身世帯は120万円以内)
貸付期間終了後12月以内据置期間経過後7年以内貸付期間:1年以内
貸付月額:20万円以内
(単身世帯:10万円以内)

貸付利子

 年3%

連帯保証人

 原則として1名必要です。ただし、借入予定総額が120万円を超える場合で連帯保 証人が次のいずれにも該当するときは2名必要です。

  • 地方税法に基づく住民税を課税されていないとき
  • 不動産を所有していないとき

貸付金の償還(返済)

 据置期間(無利子)経過後、月賦で償還

相談・申込窓口

社会福祉法人矢板市社会福祉協議会
電話番号:0287-44-3000

社会福祉法人栃木県社会福祉協議会
電話番号:028-622-0524