ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工観光課 > 創業支援事業計画が認定されました

創業支援事業計画が認定されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月1日更新

産業競争力強化法に基づく「創業支援事業計画」が認定されました。

計画に位置付けされた「特定創業支援事業」による支援を受け、矢板市で創業した方に、
登録免許税の軽減措置や信用保証枠の拡大等の支援策が適用されます。

創業支援事業計画とは?

市が民間の創業支援事業者(商工会、金融機関等)と連携し、ワンストップ相談窓口の設置、創業セミナーの開催などの創業支援を実施する「創業支援事業計画」について、国が認定します。

今回、矢板市で「創業支援事業計画」を策定し、平成27年5月に認定されました。

矢板市の創業支援事業計画(概要) [PDFファイル/59KB]

矢板市の創業支援事業計画の内容

(※)=特定創業支援事業。
    認定要件を満たした場合には、創業者への支援を受けることができます。

ワンストップ窓口の実施(※)

  • 創業支援事業者 矢板市
  • 内容  市と「矢板市創業応援志隊」が連携した創業に関する相談窓口を設置します。
  • 認定要件 1ヶ月以上にわたり4回以上の相談を受け、経営・財務・人材育成・販路開拓についてアドバイスを受けた方

空き店舗改装費用補助

  • 創業支援事業者 矢板市
  • 内容  中心市街地の空き店舗を活用した開業を支援するため、店舗改装費用の一部を補助します。
         詳しくはこちら

創業塾の開催(※)

  • 創業支援事業者 矢板市商工会
  • 内容  創業までの一連の流れを体系的に学ぶことができる「創業塾inやいた」を開催します。
  • 認定要件 全講座の80%以上出席し、修了証の交付を受けた方(経営・財務・人材育成・販路開拓について1ヶ月以上、4回以上にわたり受講することが条件)

インキュベーション事業

  • 創業支援事業者 街なかにぎわい館ココマチ
  • 内容  JR矢板駅東口の「街なかにぎわい館ココマチ」をインキュベーション施設として活用し、創業塾の受講生が
         創業の練習の場として、最大3年間のテナント契約を結んで開業することができます。
                                                  ココマチのホームページはこちら

創業希望者交流サロン、創業サポートアカデミー(※)

  • 創業支援事業者 公益財団法人栃木県産業振興センター
  • 内容  創業準備段階の方を対象とした「創業希望者交流サロン」と、ビジネスプランの精度を高めるためのプログラムである「創業サポートアカデミー」を開催し、創業をより現実的にするための支援を行います。
  • 認定要件 経営・財務・人材育成・販路開拓について、1ヶ月以上、4回以上にわたり受講(最終回の出席が必須)し、修了証の交付を受けた方
                              創業希望者交流サロン、創業サポートアカデミーについてはこちら

創業者への支援

特定創業支援を受け、矢板市で創業した方は、下記の支援が受けられます。
(矢板市が発行する証明書が必要です。)

  1. 法人登記にかかる登録免許税が半額に(最低税額15万円のところ、7万5千円に減額 )
  2. 信用保証の枠が1,000万円から1,500万円に拡充
  3. 創業関連保証の特枠の拡大(創業2ヶ月前のところ創業6ヶ月前に)

証明書発行申請について

上記支援を受けるため、特定創業支援事業を修了した方は、市が証明書を発行しますので、下記の申請書と各創業支援事業の修了を証明するもの(修了書等)を提出してください。

証明書発行申請書 [Wordファイル/17KB]

提出先、提出部数

矢板市商工観光課(提出部数1部)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)