ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建設課 > (仮称)矢板北スマートIC連結許可書の伝達式について

(仮称)矢板北スマートIC連結許可書の伝達式について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月14日更新

(仮称)矢板北スマートIC連結許可書の伝達式を執り行います

 (仮称)矢板北スマートICについては、平成28年6月6日付で国土交通大臣から連結許可が下りました。

 下記のとおり連結許可書の伝達式を執り行います。

1 日時

   平成28年7月14日(木曜日) 午前11時30分(15分程度を予定)

2 場所

   矢板市役所 3階 第1委員会室

3 出席者(予定)

   国土交通省 関東地方整備局 宇都宮国道事務所 所長 早野英人

   栃木県 矢板土木事務所 所長 狐塚博司

   矢板市 市長 齋藤淳一郎

   ※報道機関のみなさまへ
      当日の取材は、可能です。

(仮称)矢板北スマートIC連結許可書の伝達を受けました

 平成28年7月14日、矢板市役所第1委員会室において、(仮称)矢板北スマートIC連結許可書の伝達を受けました。

 矢板市では、高速道路の利便性向上・市内幹線道路の渋滞緩和・観光振興などを目的として、関係機関とスマートIC設置に向けた検討、協議を進めてまいりました。

 今回、連結許可を受けたことにより、正式にスマートIC設置に向けた事業着手が可能となりました。

 式典で市長は、「矢板北スマートICは、重要事業の一つとして位置付けており、矢板のまちへ新しい人の流れを作り、矢板創生の一助にしていきたい」とのコメントを述べ、平成33年3月の開通を目標に事業を進めていきたいと表明しました。

連結許可書が手渡される様子                           齋藤市長挨拶

連結許可書が手渡される様子齋藤市長挨拶

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)