ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 矢板公民館 > 防災まちカフェ~子どものいのちを守れる知恵を学ぼう~

防災まちカフェ~子どものいのちを守れる知恵を学ぼう~

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月1日更新

大地震が発生!
・・・そのとき、あなたはこどもを守る自信がありますか?

全国で14,000人以上が参加している大人気の防災講座「防災ママカフェ」。
今回は、矢板市制施行60周年を記念し、矢板市自治公民館連絡協議会との共催事業として

防災「まち」カフェ

と題して、地域防災を考えるための講演会を開催します。参加費は無料です!
大震災を経験した乳幼児ママの、震災のリアルな体験談から、大人として知っておきたい防災の知恵を学びましょう。
防災グッズの展示や、非常食の試食コーナーもあります。

参加者には、「おみやげ」や「豚汁無料券」を配布!
さらに、当日は矢板公民館のお祭り「フェスタ in YAITA」も開催していますので、きっと楽しく学べる一日になりますよ!

防災まちカフェ(チラシ) [PDFファイル/407KB]
防災まちカフェ(ポスター) [PDFファイル/464KB]

開催情報

日時

平成31年2月23日(土曜日) 10時~11時30分

会場

矢板公民館 2階 大会議室

参加費

無料

講師

(一社)スマートサバイバープロジェクト特別講師
かもん まゆ 先生

対象

関心のある方ならば、どなたでも
(子を持つ保護者に特におすすめ!)

定員

80名程度・先着順 *託児あり

申込方法

2月15日(金曜日)までに、矢板公民館(0287-43-0469)へお電話ください。
託児をご希望の方は、お申し込みの際にお知らせください。
人数に余裕がある場合、当日参加も可能です。

主催

矢板市自治公民館連絡協議会・矢板公民館・泉公民館・片岡公民館

講師紹介

講師写真

かもん まゆ 先生
東日本大震災で被災したママと子どもたちへの物資支援を機に、被災したママの声を集めたママのための防災ブックを企画制作。
現在、(一社)スマートサバイバープロジェクト特別講師として、被災地のママたちのリアルな体験と子どものいのちを守るためのリアルな情報と対策を伝える「防災ママカフェ」を開催。
全国200ヵ所以上、14,000人以上が参加している。
NHK教育「すくすく子育て」など、メディア出演多数。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)