ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 軽自動車税に係る登録・変更・廃車の手続きについて

軽自動車税に係る登録・変更・廃車の手続きについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月18日更新

原動機付自転車・小型特殊自動車の登録方法

 手続きは、どなたでも行うことができますが、所有者の認印が必要です。
 所有者以外の方が使用するときは使用者の印も必要となりますのでご注意ください。
 また、申告内容により必要な書類がありますので、下記をご覧のうえ手続をお願いいたします。

1.購入

 新車または中古車で購入し、登録するとき
 ⇒⇒ 申告用紙に販売店で証明をもらうか、販売証明書をお持ちください。 

2.譲受け

 車両を譲り受け、登録するとき
 ⇒⇒ 申告用紙に今までの所有者から証明をもらうか、譲渡証明書をお持ちください。

3.転入

 他の市町村から矢板市に引っ越してきて、ナンバーの付け替えをするとき
 ⇒⇒ 現在付いているナンバーと標識交付証明書をお持ちください。
 ⇒⇒ 前の市町村ですでに転出廃車の手続が済んでいるときは、廃車証明書をお持ちください。

変更登録:標識交付証明書の内容に変更があったとき

4.所有者・使用者変更

 結婚などで氏名が変わったとき
 ⇒⇒ 標識交付証明書をお持ちください。

5.住所変更

 矢板市内で引っ越しをしたとき
 ⇒⇒ 標識交付証明書をお持ちください。

6.標識番号変更

 ナンバーを変更するとき
 ⇒⇒ ナンバーと標識交付証明書をお持ちください。

廃車申告:ナンバーを返還するとき

7.廃棄

 車両が乗れなくなったので、廃棄するとき
 ⇒⇒ ナンバー、標識交付証明書をお持ちください。ナンバーがないときは、弁償金として200円が必要です。

8.譲渡

 車両を他の人に譲るとき
 ⇒⇒ ナンバー、標識交付証明書をお持ちください。
 
 ※譲り渡す人に譲渡証明書を渡すか、申告書の譲渡証明書欄を記入押印 して渡してください。

9.転出

 矢板市から他の市町村へ引っ越し、引き続きその車両を使用するとき
 ⇒⇒ ナンバー、標識交付証明書をお持ちください。
 ⇒⇒ 転出先の市町村で、新しいナンバーを取得してください。
 
※この手続をしないで転出先の市町村で、矢板市のナンバーを返還し、新しいナンバーに付け替えすることもできます。

10.盗難・紛失

 盗難にあったり、紛失または破損したとき
 ⇒⇒ ナンバーの一部が残っているときはそのもの、標識交付証明書、弁償金として200円をお持ちください。
 ⇒⇒ 盗難の場合は、警察へ届出をし、盗難届出受理証明書をお持ちいただくか、受理番号を控えてきてください。
 ⇒⇒ 車両はそのままで、ナンバーのみ無くした場合は、『6.標識番号変更』の手続きをしてください。

※標識交付証明書を紛失した場合は、車両の車名、車台番号を調べてきてください。

 軽自動車税は、毎年4月1日に所有している方に、年1回の課税です。所有権留保付きの車両のときは使用者を、所有者とみなします。年1回の課税ですので、自動車税のような月割り課税はありません。

 登録、変更、廃車の手続は、忘れず、しっかり、お早めに。万一の交通事故にそなえて、自陪責に必ず加入してください。