ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 平成28年度8月分の介護保険料及び後期高齢者医療保険料の年金特別徴収額の誤りについて

平成28年度8月分の介護保険料及び後期高齢者医療保険料の年金特別徴収額の誤りについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月23日更新

概要

 平成28年度8月分の介護保険料及び後期高齢者医療保険料について、6月異動処理の際、処理の一部(仮徴収額変更抽出処理)を行う前のデータを年金保険者(日本年金機構等)に誤送信したことにより、年金控除データが8月分の保険料額に更新されず、仮徴収額のまま年金から保険料を差し引きしてしまい、賦課額と徴収額に差異が生じました。
 被保険者の皆さまに多大なご迷惑とお手数をかけましたことを深くお詫びするとともに、今回の事態を深く反省し、事務処理方法等の見直しを行い、再発防止に向け取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 対象保険料及び特別徴収徴収年月

介護保険料

平成28年8月期分(年金支給日:8月15日)
後期高齢者医療保険料

平成28年8月期分(年金支給日:8月15日)

 被保険者の皆さまへの影響

1. 介護保険料
当初決定通知書の金額より多く徴収した総額及び人数8,695,660円(3,736人)
当初決定通知書の金額より少なく徴収した総額及び人数3,260,800円(  843人)
2. 後期高齢者医療保険料
当初決定通知書の金額より多く徴収した総額及び人数977,800円( 241人)
当初決定通知書の金額より少なく徴収した総額及び人数2,134,900円( 612人)

※年間保険料額については、この度の誤りによる変更はございません。 

今後の対応

  • 対象の被保険者の皆さまには、10月中旬にお詫びと納付または還付のお手続のお願いのお知らせを送付します。
  • 当初決定通知書の金額より多く徴収した被保険者の皆さまには、還付通知書をお送りいたしますので、還付の手続きをお願いいたします。
  • 当初決定通知書の金額より少なく徴収した被保険者の皆さまには、不足分の納税通知書をお送りいたしますので、納付をお願いいたします。口座振替のお手続をされている方は、ご指定の口座からお引き落しいたしますので、送付されます通知書にて引落額の確認をお願いいたします。 

 再発防止策

 今後は、新任担当者が対応しても理解できるような作業マニュアルを作成し、係員全員にシステムの処理の理解を徹底させ、複数人によるデータ処理・送信・確認の人的チェック体制の強化を図り、再発防止に努めてまいりますのでご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。 

お問い合わせ先

 矢板市 税務課 市民税担当 (電話:0287-43-1115)

 

※還付金詐欺など悪質な詐欺行為が発生しております。被害にあわないよう十分ご注意いただき、疑わしいことがございましたら、上記担当までお問い合わせください。