ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ひとり親世帯臨時特別給付金を支給します

ひとり親世帯臨時特別給付金について

 新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯に特に大きな困難が心身に生じていることを踏まえ、こうした世帯の子育てへの負担の増加や収入の減少に対する支援を行うため、臨時特別給付金を支給します。

給付金の種類

この給付金は、「基本給付」と「追加給付」の2つの給付金からなります。

ご自分が対象となるかは、下のフロー図も参考にご覧ください。

ひとり親世帯臨時特別給付金フロー [PDFファイル/273KB]

「基本給付」について

  1. 令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方
  2. 公的年金給付等を受けていることにより児童扶養手当の支給を受けていない方
  3. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、直近の収入が、児童扶養手当の対象となる水準に下がった方

 以上の、1から3のいずれかに該当する方が、基本給付の対象者です。

「追加給付」について

収入が減少した児童扶養手当受給世帯等への給付として、上記「基本給付」の1と2の支給対象者のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が大きく減少しているとの申し出があった方(審査が必要です。)が対象です。

支給額

  • 基本給付は、1世帯5万円、第2子以降の児童1人につき3万円が加算
  • 追加給付は、1世帯5万円

支給時期

 児童扶養手当の支給を受けている方(基本給付1)は、令和2年7月中旬に支給についてのお知らせを送付しています。令和2年10月ごろから順次、児童扶養手当の振込口座へ振り込む予定です。それ以外の支給については、申請受付後、審査・決定を行い、順次振り込む予定です。

申請方法

  • 基本給付1 申請不要
  • 基本給付2、3 申請必要
  • 追加給付(基本給付1と2の方)は、申請必要

申請期間

令和2年8月22日(土曜日)から令和3年3月1日(月曜日)

申請窓口

矢板市役所 子ども課

矢板市では、下記の日程で申請受付の窓口を開設します。

窓口開設日時
日付 時間 受付場所
8月22日(土曜日) 8時30分~17時00分
(12時00分~13時00分は休憩)
子ども課窓口
8月23日(日曜日) 8時30分~12時00分
(午前中のみ)
子ども課窓口

※ 上記の日程以外での来所を希望される場合は、事前に子ども課までご連絡ください。
(相談受付場所、感染症予防対策等を講じることができる状態を確保したうえで、申請を受け付けます。)

※ 上記の日程以外で事前の連絡なく来所の場合、長時間お待ちいただく場合や、受付をできない場合がありますので、ご了承ください。

”振り込め詐欺”や”個人情報の詐取”にご注意ください。

 ご自宅や携帯電話に矢板市から問い合わせをすることがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることはありません。
 不審な電話がかかってきた場合には、警察にご相談ください。

関係する書類はこちらから

問い合わせ

ご不明な点がありましたら、以下の問い合わせ先へお問い合わせいただくか、厚生労働省のホームページをご覧ください。

【厚生労働省HP】
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11456.html<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)