ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業 > 融資・支援 > 新型コロナウイルス特設サイト > 売上減(20%以上~50%未満)の市内事業者に「事業継続給付金」を交付します

売上減(20%以上~50%未満)の市内事業者に「事業継続給付金」を交付します

事業継続給付金

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上げが減少した市内事業者に、事業の継続や再起の糧となるよう、事業全般に幅広く使える資金として、「事業継続給付金」を交付します。

なお、市の「事業継続給付金」は、国の持続化給付金の対象とならない事業者に対する支援策になります。

対象となる事業者は、申請要領をご確認の上、必要書類をご提出ください。

事業継続給付金申請要領 [PDFファイル/132KB]

交付対象者

市内において、事業所を有する中小企業者、小規模企業者、個人事業主

法 人

直近の法人市民税確定申告書の所在地が矢板市であること。

個人事業主

市内で事業を営む個人事業主であること。

※2019年12月までに創業していること。(創業して1年未満の方はご相談ください。)

※医療法人、社会福祉法人、NPO法人など会社以外の法人や、農林漁業については、矢板市商工会会員であること。

※宗教団体、政治団体は除く。

交付条件

○新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年1月~12月のいずれかの月の売上げが、前年同月比で20%以上50%未満減少していること。
※ただし、創業開始後1年未満の者の前年同月売上げについては、令和元年の月平均売上げとする。

○市内で事業を営み、今後も事業を継続する意思を有すること。

○交付申請時に、国の持続化給付金を受けていないこと。

○暴力団等の反社会的勢力または反社会的勢力と関係を有するものでないこと。

【ご注意ください】
国の持続化給付金の申請前でも、1月以降に
国の要件となる売上げが前年同月比で50%以上減少の月がある場合には、市の持続化給付金の交付対象外となります。

交付金額

一律10万円(一回のみ)

申請期間

令和2年6月1日(月曜日) ~ 令和3年1月15日(金曜日)

※予算の範囲内となりますので、予めご了承ください。

提出書類

共通書類

事業継続給付金交付申請書(別記様式第1号) [PDFファイル/94KB]

事業継続給付金交付請求書(別紙様式第3号) [PDFファイル/65KB]

減収月の事業収入額がわかるもの(帳簿の写し等)

振込口座の確認書類(通帳の写し)

法 人

減収月と前年同月の事業収入額のわかるもの(法人市民税確定申告書の写し)

市内で事業を営んでいることを証する書類(履歴事項全部証明書の写し)
※申請日から3か月以内のもの

個人事業主

減収月と前年同月の事業収入額のわかるもの(所得税青色申告決算書または収支内訳書の写し)

市内で事業を営んでいることを証するもの(開業届の写し等)

※記入例を参照のうえ、赤字部分をご記入ください。

交付申請書(記入例) [PDFファイル/118KB]

交付請求書(記入例) [PDFファイル/92KB]

提出方法

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、郵送での提出でお願いいたします。

申請書につきましては、市ホームページからダウンロードしていただくか、矢板市商工観光課、矢板市商工会の窓口でも配布しています。

※書類に不備等があった場合は、内容確認のために連絡をさせていただきます。

提出・問い合わせ

〒329-2192 矢板市本町5-4
矢板市役所 商工観光課 商工担当 Tel0287-43-6211

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)