ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子どもたちの見守りのお願い

地域の皆さまへ

緊急事態宣言の解除に伴い、矢板市内小中学校の分散登校が5月18日より開始されました。

まだ慣れていない、新1年生や久しぶりに登校する子どもたちが分散登校という初めての取り組みで、学校生活や登下校に期待や不安を感じています。

この長い自粛生活の中で、学校で学べること、友だちと遊べること、当たり前の幸せが当たり前でなくなったことなど、そんな日常のありがたみを大人も子どもも感じたことと思います。

そんな日常を守るため、これからを担う子どもたちの学び・未来・命を守るために、地域社会が一体となってのご支援・ご協力が必要です。

保護者の皆さま、地域の皆さまにお願いがあります。

子どもたちの登下校の際に、ご自宅付近の見守りをしていただけたらと思います。「犬の散歩をしながら」、「庭木の花や水やりをしながら」など、皆さんのご都合のつく範囲内での「ながら見守り」で結構です。

見守りの際には、事故はもちろんのこと、密にならないようご注意ください。

身体的な距離はとっても、お互いの心は離れないよう、いつものように「おはよう」、「いってらっしゃい」、「こんにちは」、「おかえり」と子どもたちへの温かいお声かけをお願いいたします。

皆さまのご協力を賜りますようお願いいたします。

矢板市教育委員会

問い合わせ

教育総務課
Tel 0287-43-6217