ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > 新型コロナウイルス特設サイト > 長峰公園シンボルタワーのブルーライトアップを行っています

長峰公園シンボルタワーのブルーライトアップを行っています

ブルーライトアップの写真

医療従事者の皆さんに感謝を込めて

新型コロナウイルスの感染拡大防止の最前線で働く医療従事者の皆さんへ感謝と敬意を込めて、長峰公園シンボルタワーのブルーライトアップを行っています。

ブルーライトアップとは

新型コロナウイルスの感染拡大に最前線で立ち向かう医療関係者への感謝の思いを込め、駅や教会などを青色にライトアップするものです。イギリスのロンドンで始まり、アメリカやヨーロッパのほか、世界中で広がりを見せており、国内においても多くのランドマークで行われています。

ブルーライトアップをきっかけに

ブルーライトアップは、医療従事者の皆さんに感謝の思いを込めた取り組みですが、医療従事者の皆さんの一番のエールは私たち自身が感染しないよう、今できることに取り組むことです。青く幻想的に照らし出されたシンボルタワーをご覧になった皆さんが、感染対策の再確認をするきっかけになれば嬉しい限りです。

「じぶんのために、みんなのために、私たちが今できることを!」

ブルーライトアップの写真2

ご協力ありがとうございます

今回のブルーライトアップについては、東日本大震災で被災し、使用不可となっていた照明設備を、市内電気工事業者のご寄付により改修していただきました。

ご寄付いただきました事業者様に、心より感謝申し上げます。

ブルーライトアップの概要

○実施場所   長峰公園シンボルタワー

○点灯時間   18時00分~20時00分