ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > 新型コロナウイルス特設サイト > ワクチン接種に関する各種お問い合わせについて(FAQ)

ワクチン接種に関する各種お問い合わせについて(FAQ)

  令和3年6月11日時点

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種における皆さまから多かったご質問にお答えしています。

内容については、随時更新いたしますので、お時間のある際にご確認ください。

新型コロナワクチン接種のQ&Aについて

【目次】

1.接種券(クーポン券)全般に関すること

2.予約に関すること

3.コールセンターに関すること

4.ワクチン接種会場に関すること

5.予診票に関すること

6.接種に関すること

7.住所地外接種に関すること

8.その他

1.接種券(クーポン券)全般に関すること

 
ご質問 回答

Q1.接種券(クーポン券)が届いた。どうすればよいですか。

封筒をご開封いただき、お送りした書類をご確認ください。

Q2.かかりつけ医にワクチン接種はやめた方がよいと言われた。接種券(クーポン券)はどうすればよいですか。 一時的な病気などにより、ワクチン接種ができない場合は、そのまま保管してください。持病等で、今後ワクチン接種することができない場合は廃棄していただいて結構です。

 

2.予約に関すること

ご質問 回答
Q1.ワクチン接種の予約をしたい。

市が行う集団接種については、日にちを指定した予約受付方式としています。

予約方法は、インターネットでの予約(予約サイト<外部リンク>)と、新型コロナワクチン予約受付センター(Tel:0287-47-5666)にお電話する2つの方法があります。

個別接種については、以下の条件を満たす方へ、令和3年7月中旬までに医療機関からご連絡します。
 ・矢板市内にお住まいの65歳以上の方
 ・集団接種会場での接種・予約をしていない方
 ・下記医療機関に、1~2か月に1度程度通院している方

※64歳以下については、後日お知らせします。

Q2 1回の電話予約で複数名の予約は可能ですか。

接種希望者の照会番号、お名前、生年月日、電話番号が分かれば予約可能です。

代理で予約をする際は、本人が接種を希望していることが前提となります。

予防接種を受ける方は、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいていますので、無断でのご予約はご遠慮ください。

Q3.予約の時間は何時になりますか。

市が行う集団接種は以下の時間となります。

午前は、8時15分から11時30分、午後は13時15分から16時30分になります。

接種会場の混雑を避けるため、30分ごとに時間を区切ってご予約をお受けしています。

◆予約受付時間

午前/8時15分、9時00分、9時30分、10時00分、10時30分、11時00分、11時30分
午後/13時15分、14時00分、14時30分、15時00分、15時30分、16時00分、16時30分

医療機関が行う個別接種については、それぞれの医療機関により異なります。

Q4.接種当日の受付時間は指定可能ですか。

集団接種については、コールセンターへお電話いただいた際に、予約の枠に空きがあれば可能です。

医療機関が行う個別接種については、医療機関からお電話があった際にお聞きください。

Q5.一人暮らしや認知症等で電話予約が難しい場合は、どうすれば良いですか。

本人が接種を希望している場合であれば、代理の方によるご予約も可能です。

ご近所の方や親戚の方などでご支援が可能な場合はご協力をお願いします。難しい場合は、地域の民生委員やケアマネジャー等にご相談をお願いします。

予約の際には、接種希望者の照会番号、お名前、生年月日、電話番号を予約時にお伺いしますので、事前にご準備ください。

Q6.予約開始日はいつ周知されますか。

集団接種の実施日が決定次第、市ホームページ、防災行政無線、コールセンターなどで、予約開始日の5日前にお知らせします。

Q7.コールセンターでの予約時に必要なものは何ですか。

予約受付の際には、接種希望者の照会番号、名前、生年月日、電話番号をお聞きしています。お送りした封筒をお手元にご用意いただいてからお電話ください。

Q8.インターネットでの予約は可能ですか。

第3期の予約から可能となりました。

予約サイトはこちら→予約受付サイト<外部リンク>

Q9.当日のキャンセルが出た場合、追加で受付は行いますか。

当日のキャンセルがあっても、追加の申し込みは受付は行いません。

キャンセル分のワクチンは、無駄にならないよう、調整しながら当日準備をし、それでも余ってしまった分は、接種が完了していない医療従事者へ接種を行います。

3.コールセンターに関すること

ご質問 回答
Q1.コールセンターの電話番号を教えてください。

0287-47-5666です。

似た番号へのおかけ間違いによる苦情が届いています。お電話の際はご注意ください。

Q2.コールセンターに繋がらない状態が続いていて、予約ができません。

皆さまが一斉にお電話しているため、回線がつながりにくくなり、皆さまには大変ご不便とご迷惑をおかけしております。

第2期より回線を増やして対応しておりますが、一斉のお電話のため、つながりにくくなりますことをご了承ください。

接種を希望される皆さんが接種できるような体制づくりを進めていますので、慌てずにお待ちいただけますようお願いいたします。

 4.接種会場に関すること

ご質問 回答
Q1.集団接種会場はどこですか。

矢板市文化会館(矢板市矢板103-1)で行います。

Q2.歩くのに付き添いが必要ですが、会場内に一緒に入ることは可能ですか。

一緒に入ることは可能です。ただし、密を避けるために付き添いの方は1名のみとさせていただきます。

また、付き添いの方についても、接種される方と同様に、マスクの着用、手指の消毒、検温をさせていただきます。体温が37.5℃以上ある場合には会場に入ることができませんので、ご理解ください。

Q3.会場に介助スタッフはいますか。

介助スタッフについては専従の職員を配置しておりませんので、家族等のご協力をいただきますようお願いいたします。

Q4.車いすが必要ですが、接種会場内にありますか。

接種会場内にもご用意しておりますが、台数に限りがありますので、普段使用している車いすをごください。

Q5.会場に多くの人が集まって新型コロナへの感染は大丈夫ですか。

集団接種は、感染予防対策を行って実施します。

入場前の検温、マスクの着用、手指消毒を来場される皆さんに実施させていただきます。また、会場内の換気、空気清浄機の設置、窓口への飛沫防止パネルの設置、イス・テーブルのこまめな消毒を行っています。

5.予診票に関すること

ご質問 回答
Q1.予診票の記入方法について教えてください。

接種希望者が分かる範囲で事前にご記入ください。集団接種当日は、受付前に記入のサポートを行っていますので、ご安心ください。

また、何らかの病気や投薬(治療)を受けている場合は、事前に接種が可能か、かかりつけ医にご相談いただくことをお勧めします。

 6.ワクチン接種に関すること

ご質問 回答
Q1.持病がありますが、ワクチンを接種することは可能ですか。

病気や投薬(治療)を受けている方は、接種が可能か、事前にかかりつけ医にご相談ください。

Q2.65歳未満で基礎疾患を持っているがいつ頃ワクチンを受けられますか。

国における接種の優先順位として、65歳以上の高齢者、64歳以下の基礎疾患をお持ちの方、それ以外の方という順番になっていますので、65歳以上の高齢者の接種の見通しが立ち次第、接種券を発送し、予約受付を開始する予定です。

また、6月下旬に基礎疾患の有無の確認ハガキを送付いたしますので、基礎疾患をお持ちの方はご回答ください。

Q3.接種を希望しない場合は、どうしたら良いですか。

ワクチン接種は強制ではありません。予約をせずにクーポン券(接種券)を破棄していただいて結構です。

Q4.事前に医師にワクチンの接種の可否を聞く際は、電話等の口頭確認で良いですか。

医師の診断は電話では難しいため、不安に思うことがありましたら、可能な限り病院等で診察を受けてください。

なお、接種の際、診断書や同意書などは必要としていません。

Q5.当日は何をもっていけばいいですか。

接種当日は、以下をお持ちください。また、ワクチンは肩寄りに打ちますので、半そでの肌着を着用し、脱ぎ着しやすい服装でお越しください。

・本人確認書類(健康保険証、運転免許証など)
・クーポン券(接種券)
・予診票 ※必ず記入してお持ちください。
・お薬手帳 ※現在、何らかの病気で投薬を受けている方。

7.住所地外接種に関すること

ご質問 回答
Q1.市外の施設に入所または入院しているが、どうすればよいか。

住民票が矢板市にあり、市外に入所・入院されている場合は、入所されている施設や医療機関で接種が可能かご確認ください。

なお、接種の際は住民票住所地へお送りする矢板市発行のクーポン券(接種券)が必要となります。

Q2.矢板市に住民票があるが、身体が弱って市外の息子(娘)宅で生活している。現在の居住地で接種したいがどうすればよいか。

住民票の住所地以外で接種を希望される場合は、現在居住されている住所地の市町村へご連絡いただき、接種できるかどうかご相談ください。

なお、接種できる場合は、住民票住所地へお送りする矢板市発行の接種券が必要となります。

Q3.原子力災害により矢板市に避難しているが、手続きはどうすればよいか。

避難されている方に、避難前に市町村から「住所地外接種届出済証」が接種券とともに郵送されています。

「住所地外接種届出済証」をご提示いただくことで、矢板市で接種することが可能となっておりますので、市への手続きは必要ありません。

8.その他

ご質問 回答
Q1.今回の接種券の送付対象者は何名程度いますか。

矢板市内の65歳以上の方を対象に、約1万人に送付しています。

約1万人には、病院へ入院されている方なども含まれていますので、すべての方が接種を受けるわけではありません。

Q2.予約は取れたが、日付を忘れてしまいました。どこで確認できますか。

健康増進課ワクチン接種室で確認できます。

Tel 0287-40-0011 へお電話ください。

Q3.いつまで予約受付を行っていますか。

集団接種については、予約の枠が定員となるまで受付を行います。なお、定員に達した場合は、予定日を繰り上げて受付終了となります。

Q4.65歳以上の高齢者の中でも優先順位はありますか。

高齢者の方々の公平性を保つため、優先順位等は設けておりません。

Q5.ワクチンの成分等について聞きたい場合はどこに聞けばよいですか。

厚生労働省が設置した新型コロナウイルス感染症に関する厚生労働省の電話相談窓口にお電話ください。

Tel 0120-565653

Q6.聴覚障がいがあります。コールセンター以外の予約方法はありますか。

申し訳ございません。現在は、コールセンターへの電話予約のみとなっております。

なお、本人が接種を希望している場合であれば、代理の方によるご予約も可能です。

ご近所の方や親戚の方などでご支援が可能な場合はご協力をお願いします。難しい場合は、地域の民生委員やケアマネジャー等にご相談をお願いします。

予約の際には、接種希望者の照会番号、お名前、生年月日、電話番号を予約時にお伺いしますので、事前にご準備ください。

Q7.次回の予約開始についてはどうすれば分かりますか。

予約開始日の5日前、午後4時に防災行政無線や市ホームページでなどでお知らせするほか、コールセンターの電話番号で自動音声でご案内いたします。

また、矢板市公式アプリケーション「やいたぶ」または「メール配信サービス」にご登録いただくと、受付開始日のお知らせをスマートフォンや携帯電話などで受け取ることができます。

矢板市公式アプリケーション「やいたぶ」

矢板市メール配信サービス

Q8.土、日曜日は仕事で集団接種でのワクチン接種ができません。他の方法はありますか。

日曜日に行う集団接種のほか、かかりつけの方のみとなりますが、医療機関で接種ができます。また、栃木県営接種会場(とちぎワクチン接種センター)でも接種することが可能です。

Q9.予約が定員に達して終了したことを防災行政無線等で周知をしてほしい。

防災行政無線のほか、コールセンター、市ホームページ、矢板市公式アプリ「やいたぶ」、メール配信サービスでお知らせしています。

 ※情報は随時更新いたします。お時間がある際にご確認いただくことをお勧めします。