ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 郷土資料館 > 施設の概要

施設の概要

廃校を活用してリニューアル

 矢板市立郷土資料館は、矢板市片岡地内にあったものを旧上伊佐野小学校(平成21年3月に泉小学校に統合)の校舎を活用し、平成24年4月にリニューアルオープンしました。

 新しい郷土資料館は高原山麓の大自然に囲まれ、木をふんだんに使ったおしゃれな校舎の外観や間取りをそのまま活用して展示しています。八方ヶ原や塩原方面へお越しの際は休憩所として気軽にお立ち寄りいただければ幸いです。

展示構成

 郷土資料館館内マップ

企画展

 随時開催します。   企画展の情報はこちら

常設展

 矢板市の歴史的特徴を踏まえ、それぞれの時代ごとの郷土資料を展示しています。

自然 (植物・動物・地学)

動物や鳥のはく製、化石など、市内の自然について展示・解説しています。

タヌキのはく製の写真  貝の化石の写真

原始 (旧石器時代~弥生時代)

市内で見つかった縄文土器や石器を展示しています。

露出展示なので資料の細かい部分までご覧いただけます。

縄文土器の写真  石器の写真 

古代・中世 (古墳時代~安土桃山時代)

鎌倉時代に塩谷地方をおさめた塩谷氏の居城となった川崎城跡や御前原城跡から出土した遺物が多数。

古墳時代の住居の復元模型や鉄器なども展示されています。

大がめの写真  住居の模型 

近世 (江戸時代)

江戸時代の矢板宿に関する資料や、平野焼・成田焼を展示しています。

荷車の写真  木箱の写真 

近現代 (江戸時代~昭和)

「衣・食・住・農・遊」の5つの分野に分けて、当時の生活をわかりやすく展示しています。

みのなどの写真  ちゃぶ台や当時のテレビの写真 

矢板古写真コーナー

大正から昭和にかけての懐かしい写真をご覧いただけます。

古写真展示の写真  昔の矢板駅の写真

しりょうかん かわらばん