ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 郷土資料館 > 郷土資料館企画展「中世陶磁器の世界」を開催します

郷土資料館企画展「中世陶磁器の世界」を開催します

中世陶磁器の世界~矢板の中世と県博陶磁器コレクション~

ともなりくん(塩谷朝業)が活躍した鎌倉時代前後の頃の陶磁器類を展示します。
縄文土器や江戸時代の伊万里焼・有田焼などと比べると、中世の陶磁器は印象が薄いかもしれませんが、だからこそ、今回の展示で“ホンモノ”を見て理解を深めてみませんか?

企画展チラシ

「中世陶磁器の世界」チラシダウンロードはこちら [PDFファイル/549KB]

 今回の展示では、矢板のシンボルともいうべき山城の「川崎城跡」と平城の「御前原城跡」で、平成元年度より行われた発掘調査により得られた中世陶磁器など貴重な品々をご紹介します。
  また、栃木県立博物館が開館以来、収集をしてきた中世陶磁器を併せて展示します。中国からの輸入品である青磁をはじめ、猿投・常滑など「六古窯」ともいわれた 各地の陶器など約40点をご紹介します。
 市内から発掘された出土品や陶磁器を通して中世の矢板の姿に思いをはせてみてはいかがでしょうか。

期日

9月21日(土曜日)~11月4日(祝・月曜日) 10時00分~16時00分

※月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日休館)

場所

矢板市立郷土資料館 多目的ホール

入館料

無料

展示内容

・矢板市内の川崎城や御前原城跡出土資料(約40点)

・猿投・常滑などの県立博物館所蔵の陶磁器コレクション(約40点)

ワークショップのご案内

模造紙で「烏帽子」を作ってみよう!

烏帽子見本

日時/10月19日(土曜日)10時00分~12時00分

場所/道の駅やいた レストラン前

申し込み/不要。どなたでも参加できます。 ※所要時間10分程度。開催時間内にお越しください。

参加費/無料 ※完成品は持ち帰りできます。

そのほか

この企画展は、栃木県立博物館の地域移動博物館を活用しています。

問い合わせ

郷土資料館
Tel 0287-43-0423 ※月曜休館(月曜が祝日の場合は、翌日休館)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

しりょうかん かわらばん