ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 保険・年金 > 国民健康保険 > ジェネリック医薬品(後発医薬品)にかえてみませんか

ジェネリック医薬品(後発医薬品)にかえてみませんか

ジェネリック医薬品とは

 医療機関等で処方される薬には、「新薬(先発医薬品)」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」があります。
 ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れた後に他の医薬品メーカーが出している薬のことです。新薬と同じ有効成分で、効能・効果の等しいものが厚生労働大臣から承認されています。
 一般的に新薬と比べて安価なため自己負担を少なくすることができ、医療費を節約できます。ジェネリック医薬品を希望される場合は、医師・薬剤師にご相談ください。

矢板市の利用率

 矢板市のジェネリック医薬品の利用率は、平成30年3月の数量ベースで69.5%であり、県平均である76.7%を下回っています。金額ベースでは49.2%になっています。

ジェネリック医薬品希望シール

 平成30年8月から使う国民健康保険被保険者証(保険証)を送付する際に、「ジェネリック医薬品希望シール」も一緒に送付しました。保険証やお薬手帳などの余白に貼ってお使いください。
 その際、印字された文字を隠さないようご注意ください。