ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > まちづくり・住まい > 各種届出・許可申請 > 小規模特定事業(土砂の埋立・一時たい積)について

小規模特定事業(土砂の埋立・一時たい積)について

 矢板市では土壌汚染や災害の発生を防ぐため、条例により、土砂の埋立等に必要な規制を設けています。土砂の埋立や一時たい積をする場合は以下をよくお読みの上、条例に基づき適切に実施されますようお願いいたします。

許可申請の対象となる行為(特定事業)

 土砂等の埋立て等に供する地域以外の場所から採取された土砂等により埋立て、一時たい積等をする事業(1,000平方メートル以上3,000平方メートル未満)を実施する場合。
 3,000平方メートル以上は栃木県の許可が必要です。詳しくは栃木県のホームページ(外部サイト)<外部リンク>をご覧ください。

※1 事前着工は認められません。必ず許可を得てから着工してください。違反者には罰則があります。
※2 1,000平方メートル未満の事業は書類の提出等は必要ありませんが、土壌汚染や土砂の流出を防ぐ義務があります。

特定事業の許可申請について

手数料等

  • 新規許可申請手数料 1件につき26,000円
  • 変更許可申請手数料 1件につき16,500円
  • 譲受け許可申請手数料 1件につき16,500円

申請書等

土砂等の埋立・一時たい積許可に関する申請書のダウンロード

注意事項

  • 許可申請書の審査には時間がかかりますので、期間に余裕を持って申請を行ってください。
  • 特定事業の許可申請は、作業を行う下請事業者ではなく、特定事業の主体となる事業者等が行ってください。
  • 特定事業の審査の結果、許可となった事業者へ許可書を送付します。事業者は、許可書受領後速やかに土砂等搬入届出を行ってください。この届出を行う前に土砂等を搬入することはできませんので、ご注意ください。
  • 許可を受けた事業者は毎月土砂等管理台帳を作成してください。
  • 特定事業の期間が6か月(一時たい積事業は3か月)を超える場合は、6か月(一時たい積事業は3か月)ごとに土砂等の量の報告及び水質検査等の実施及び結果報告が必要になりますのでご注意ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)