ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > ごみ・環境 > ごみ・リサイクル > とちぎ食べきり15(いちご)運動の推進について

とちぎ食べきり15(いちご)運動の推進について

矢板市では栃木県の進める「食べきり15(いちご)運動」を応援します!

本来はまだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物を、「食品ロス」と言います。
食品ロスは、全国で年間約632万トン発生すると言われています。この量は、なんと、”1,600万人の1年間の食事量”に相当します。
「もったいない」と思いませんか?

栃木県では、食品ロスが多く発生する宴会の開始後・終了前15分は、自席でおいしく料理をいただく「食べきり15(いちご)タイム」とし、食品ロスの削減を推進しています。

このたび矢板市は、この取り組みを応援することになりました。
おいしく料理をいただいて、食べ物のムダをなくしましょう!

「とちぎ食べきり15(いちご)運動」のチラシ(矢板市版)[PDFファイル/503KB]

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)