ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林業 > 農業 > 野生イノシシにおける豚熱感染について

野生イノシシにおける豚熱感染について

1 豚熱(CSF)とは

 豚熱とは、豚とイノシシのみが感染する家畜伝染病で、強い感染力と高い致死率が特徴です。人に感染することはなく、感染した豚肉が市場に出回ることはありませんが、仮に感染した豚肉を食べても人体に影響はありません。

2 市の取り組み

 豚熱感染状況を確認することを目的に、本市は栃木県と連携して死亡している野生イノシシ及び有害駆除により捕獲した野生イノシシの血液を検査しています。本市においては、これまでに2頭の野生イノシシから豚熱の感染が確認されており、継続して感染の動向を注視しています。

3 市内における野生イノシシの豚熱感染確認状況

 
No 発見日 分類 発見地区 成長区分 性別
1 令和3年2月26日 捕獲 平野 成獣
2 令和3年5月13日 死亡 上伊佐野 成獣

※豚熱に感染したイノシシを回収した場所においては、消毒作業を実施しました。

4 死亡・衰弱している野生イノシシを見つけたら・・・

 死亡・衰弱しているイノシシを見つけた場合は、決して近寄らず、市農林課(Tel:43-6210)または県央家畜保健衛生所(Tel:028-689-1200)にご連絡ください。