ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林業 > 農業 > 豚熱の発生を防ぐため経口ワクチンを埋設します

豚熱の発生を防ぐため経口ワクチンを埋設します

 豚熱とは豚とイノシシのみが感染する家畜伝染病です。野生イノシシが養豚農場へウイルスを運び込み豚熱に感染すると発生農場の飼養豚は全頭殺処分の対象となります。こうした事態を防ぐため、栃木県が野生イノシシに対し経口ワクチン(以下「ワクチン」という。)を埋設します。

日時について

1回目

令和3年6月7日(月曜日)~6月13日(日曜日) ワクチン埋設

令和3年6月14日(月曜日)~6月20日(日曜日) ワクチン回収

2回目

令和3年6月28日(月曜日)~7月4日(日曜日) ワクチン埋設

令和3年7月5日(月曜日)~7月11日(日曜日) ワクチン回収

3回目

令和3年11月8日(月曜日)~11月12日(金曜日) ワクチン埋設

令和3年11月15日(月曜日)~11月19日(金曜日) ワクチン回収

4回目

令和3年11月29日(月曜日)~12月3日(金曜日) ワクチン埋設

令和3年12月6日(月曜日)~12月10日(金曜日) ワクチン回収

ワクチンについて

 ワクチンは表示板を立て土中に埋設しますが、ワクチンが地上にある場合は、野生イノシシが食べ残している可能性があります。

 埋設するワクチンは、食品安全委員会で安全と評価された成分でできていますが、ワクチンを見かけた場合には、触れずに下記まで連絡をお願いいたします。

経口ワクチン
ワクチンの食べ残し
※ワクチンのパウチをトウモロコシでコーティングしています。

連絡・問い合わせ

矢板市経済建設部農林課農政担当

Tel 0287-43-6210

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)