ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業 > 融資・支援 > 生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画について

生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画について

 国では、中小企業の生産性革命実現のため「生産性向上特別措置法」を制定し、今後3年間を集中投資期間と位置づけました。これは、老朽化が進む設備を生産性の高い設備へと一新させ、労働生産性の向上を図るものです。

導入促進基本計画について

 本市では、生産性向上特別措置法(平成30年6月6日施行)に基づき、「導入促進基本計画」を策定し、平成30年6月13日付けで国の同意を得ました。

 このことより、中小企業の皆さまは、この「導入促進基本計画」に沿った「先端設備等導入計画」を策定し、本市の認定を受けることで、課税の特例の支援措置や国の各種補助金の優先採択(大幅な加点)が受けられるようになります。

導入促進基本計画変更(平成30年9月20日)[PDFファイル/124KB]

「生産性向上特別措置法」および「先端設備等導入計画」について

 「生産性向上特別措置法」の概要については、下記中小企業庁のホームページをご覧ください。

中小企業庁ホームページ(生産性向上特別措置法による支援)<外部リンク>

先端設備等導入計画の策定および申請について

 先端設備等導入計画の策定および申請については、下記「先端設備等導入計画策定の手引き」をご覧ください。

先端設備等導入計画策定きの手引き[PDFファイル/1.31MB]

※申請様式については、上記中小企業庁ホームページからダウンロードしてください。

提出先

〒329-2192

矢板市本町5番4号

矢板市役所

経済建設部商工観光課商工担当

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)