ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > まちづくり・住まい > 住宅 > 空き家バンク媒介に関する協定書調印式が開催されました

空き家バンク媒介に関する協定書調印式が開催されました

 平成29年5月25日(木曜日)、市役所において、「矢板市空き家バンク媒介に関する協定書調印式」が開催されました。
この協定は、6月1日から実施する『空き家バンク事業』において、矢板市と(公社)栃木県宅地建物取引業協会が協力し、
「空き家バンクを通じて、空き家等の抑制及び定住の促進により地域の活性化を図ること」を目的に締結されました。

調印式1
協定書に署名している齋藤市長(右)と五十嵐会長

調印式2
協定書を締結しました

調印式3
ご出席いただきました関係者の皆様

※矢板市では、来月6月1日(木曜日)から「空き家バンク」事業を開始します。
市のホームページを開設するほか、都市整備課において登録物件の募集を開始します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
「空き家バンクのご案内」チラシ[PDFファイル/375KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)