ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 風しん予防接種への助成について

風しん予防接種への助成について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月4日更新

風しん予防接種への助成を継続します。

風しんについて

風しんの発生状況については、下記HPをご参照ください。(栃木県感染症情報センターHP)

http://www.thec.pref.tochigi.lg.jp/tidc/topics/fuushin.htm

風しんとは、風しんウイルスによっておこる、急性の発疹性感染症です。風しんの免疫を持たない女性が妊娠中(特に妊娠初期)に感染すると、白内障、先天性心疾患、難聴を主な症状とする「先天性風しん症候群」の赤ちゃんが生まれる可能性があります。妊婦への感染を防ぐためには周囲の方の予防接種が重要となります。

 矢板市では「先天性風しん症候群」の発生を予防するための対策として、妊娠を予定または希望している方々等に風しんワクチン、または、麻しん風しん混合ワクチン(MR)の予防接種費用の一部を助成します。助成内容は次のとおりです。

対象者

 矢板市に住所を有する19歳以上の方(妊娠している方を除く)で、次のいずれかに該当する方です。

(1)妊娠している女性の配偶者

(2)妊娠を予定または、希望している方で49歳以下の女性

(3)(2)の配偶者

助成期間

 平成30年4月1日~平成31年3月31日

申請方法等

接種希望者は、接種前に市健康増進課へお問い合わせください。

接種者は、下記必要書類等をお持ちのうえ、接種後1年以内に市へ請求手続きをしてください。請求手続きにより、助成金額を償還払いいたします。

必要書類等

(1)接種した内容・接種日・金額等がわかるもの(領収書の原本、予診票の写しなど)

(2)振り込みを希望する通帳の写し(口座番号のわかる部分)

(3)印鑑

助成回数

 1人1回

助成対象ワクチン

 「風しんワクチン」または「麻しん風しん混合ワクチン(MR)」のいずれか

助成金額(上限額)

  風しんワクチン:3,000円

  麻しん風しん混合ワクチン(MR):5,000円

自己負担額

  本人負担額は、医療機関が設定する接種料金から、助成金額を差し引いた額になります。

接種方法

 医療機関の協力医療機関に事前に予約をし、受診するようお願いします。

接種にあたっての注意事項

(1)予防接種の実施においては、体調の良い日に行うことが原則です。健康状態が良好でない場合には、かかりつけ医等に相談の上、接種するか否かを決めてください。

(2)妊娠している女性及び妊娠している可能性のある女性は、ワクチン接種を受けることができません。ワクチン接種後は少なくとも2ヶ月間の避妊が必要です。接種に当たっては、接種を受ける医師へご相談ください。

(3)風しんワクチンの詳細については、下記「ワクチン接種を希望される方へ」をご確認ください。

ワクチン接種を希望される方へ [PDFファイル/189KB]

健康被害に対する救済措置について

 このワクチンの接種により健康被害が発生した場合は、内容により、「医薬品副作用被害救済制度」と「矢板市の行政措置災害補償保険」に基づく救済が受けられます。

ただし、指定医療機関以外で接種された場合、「矢板市の行政措置災害補償保険」に基づく救済が受けられない場合があります。

その他

「風しんの任意の予防接種の取扱いについて(協力依頼)」厚生労働省HP

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/kekkaku-kansenshou20/

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)