ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地域包括支援センター

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月31日更新

地域包括支援センターでは、主任ケアマネジャー、社会福祉士、保健師などが中心となって高齢のみなさんの支援を行います。センターの職員はそれぞれ専門分野を持っていますが、専門分野の仕事だけを行うのではなく、互いに連携を取りながら「チーム」として総合的にみなさんを支えます。

地域包括支援センターではこんな仕事をしています

自立して生活できるよう支援します

  • 要支援1・2と認定された人は、介護保険の介護予防サービスを利用できます。
  • 支援や介護が必要となるおそれの高い人や自立した生活をしている人などは、矢板市が行う介護予防事業を利用できます。

みなさんの権利を守ります

  • 高齢のみなさんが安心していきいきと暮らすために、みなさんの持つ様々な権利を守ります。成年後見制度の紹介や、虐待を早期に発見したり、消費者被害などに対応します。

何でもご相談ください

  • 高齢のみなさんやその家族、近隣に暮らす人の介護に関する悩みや問題に対応します。介護に関する相談や心配ごと、悩み以外にも、健康や福祉、医療や生活に関することなど、何でもご相談ください。

さまざまな方面からみなさんを支えます

  • みなさんを支える地域のケアマネジャーの指導や支援のほか、高齢のみなさんにとってより暮らしやすい地域にするため、さまざまな機関とのネットワークづくりに力を入れます。

  ※平成29年4月1日から市内の地域包括支援センターが2か所になりました。
    下記リンク先のとおり、お住いの行政区によって担当するセンターが異なりますのでご注意ください。
 
    ⇒担当するセンターの連絡先はこちらを参照