ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会福祉課 > ヘルプカードを作成しました

ヘルプカードを作成しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新

【矢板市版ヘルプカードを作成しました】

 〇ヘルプカードとは

 ヘルプカードは、外見からは障がいがあることがわかりづらい、内部身体障がい、知的障がい、てんかんや発達障がいのある方などが、災害時や普段の生活の中で、困った時や支援を必要とする時に、周囲の人に障がいがあることを伝えて、適切な支援や配慮を得られやすくするためのカードです。

ヘルプカード画像

 ヘルプカードには、障がい特性や必要とする支援内容、緊急連絡先などを記入します。

・対象となる方

(1) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方

(2) 指定難病医療(一般・小児)を受給されている方

(3) その他何らかの事情で支援を必要とする方

配布場所

  矢板市健康福祉部社会福祉課 

・必要なもの

  障がい手帳、受給者証など。(代理受領も可) 

  また、こちらからダウンロードしていただき、必要箇所を記入してお使いいただけます。 

  カードはカラー印刷が効果的です。

     矢板市版ヘルプカード様式 [PDFファイル/122KB]

     ヘルプカードの書き方 [PDFファイル/712KB]

     ヘルプカードリーフレット [PDFファイル/479KB]

                   参考: ヘルプマークの導入について(栃木県)

  ※社会福祉課で交付しているカードは、耐久性・耐水性に優れた特殊素材を使用していますので、長期でお使いになる場合は、社会福祉課での取得をお薦めします。

 〇こんな時に役立ちます

 (1)日常生活の中で

  ちょっと助けてほしいときにヘルプカードを提示することでスムーズに支援をお願いできます。

 (2)緊急のとき

  パニックや発作、病気のときに配慮してほしいことや、常用している薬の情報を正確に伝えることができます。

 (3)災害が発生したら

  家族に連絡してほしい、避難所での生活において障がい特性に応じた配慮をしてほしいなどの情報を正確に伝えることができます。

 〇利用にあたり気を付けること

  ヘルプカードには個人情報が含まれますので、取扱いおよび紛失に十分注意してください。

~市民のみなさまへ~

 困っている人を見かけたら、まずは声をかけてみてください。そして、相手に伝わっているか確認しながら、ゆっくり話してください。ヘルプカードをもっていれば提示していただき、記載内容を確認して必要な支援を行ってください。

 ヘルプカードには、住所、氏名、緊急連絡先、障がい名、配慮してほしいことなどが記入されていますので、その記載内容に沿って支援をお願いいたします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)