ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 行財政改革 > 行政改革・財政健全化 > 矢板市行財政改革推進計画について

矢板市行財政改革推進計画について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月1日更新

 矢板市では平成23年3月、今後の市政運営の指針となる「第2次21世紀矢板市総合計画」を策定し、平成28年3月に「改定基本計画」を策定しました。

 効率的・効果的な行政経営を進めるため、「第2次21世紀矢板市総合計画改定基本計画」において、「行財政基盤の安定したまちづくり」を市政運営の基本姿勢の柱のひとつとして位置づけました。「行財政基盤の安定したまちづくり」を推進する個別計画として「矢板市行財政改革推進計画」を策定し、市勢の持続的発展を目指します。

第2次21世紀矢板市総合計画改定基本計画における「行財政基盤の安定したまちづくり」の構成 

重点分野

施策

内容

基本政策1

健全な財政運営

◇歳入について

◇歳出について

市税・地方交付税・国庫支出金・財産収入・繰入金・市債の目標指標設定

人件費・物件費・扶助費・補助費等・普通建設事業費・公債費・繰出金の目標指標設定

基本政策2

経営の効率化

◇事務事業の見直し

◇経費の節減方針

事務事業の妥当性・可能性・方向性の検討

経費節減の可能性、入札・契約制度の改善

基本政策3

人材の活用

◇機能的な組織づくり

◇人件費対策

組織機構の改編、外部委託推進など

適正配置、諸手当削減

基本政策4

歳入の確保

◇税収等の確保

◇公有地の販売と有効活用

課税客体(対象)の把握、収入率(額)向上対策、使用料等の収納の確保

販売の促進、賃貸の推進

   「第2次21世紀矢板市総合計画改定基本計画 分野7 行財政基盤の安定したまちづくり(P101~)」参照  

○矢板市行財政改革推進計画について

 矢板市行財政改革推進については、総合計画に定めた4つの重点分野の内容に基づき、「歳入の増加に関する取り組み」、「歳出の減少に関する取り組み」、「行政改革に関する取り組み」の3つの観点から具体的な取り組みを策定し、より良い行政サービスを目指して計画的に取り組んでいきます。

矢板市行財政改革推進計画 [PDFファイル/395KB]

第2次21世紀矢板市総合計画改定基本計画についてはこちら

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)