ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「暮らし」のびのび定住促進補助金

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

住宅を取得する方へ
矢板市がマイホーム取得を応援します!

※平成29年4月から、申請窓口が「都市整備課(保健福祉センター2階)」に変更になりました。

 矢板市「暮らし」のびのび定住促進補助金とは

 第2次21世紀矢板市総合計画の目標人口を達成するために、矢板市内に新たに住居を求める方に対して、補助金を交付します。

 楽しそうな家族のイラスト        
平成28年度の利用状況   申請・交付件数 73件
(平成23年10月~平成29年3月までの利用状況   申請・交付件数 455件)

補助の対象

 ”対象” は、矢板市内に住宅を取得して定住する方で、次の要件をすべて満たす方となります。

  • 矢板市内に住宅を取得(新築・建売住宅購入・中古住宅購入)し、そこに住民登録をした方
    ただし、同じ敷地内などでの建て替え等は対象となりません。
  • 住宅取得者が、住宅を取得した時点で45歳以下の方
  • 取得した住宅に2人以上で入居し、5年以上住むことを誓約した方
  • 同居する世帯員全員に、市税等の滞納がない方

※詳細はページ下部の要綱をご覧いただくか、都市整備課までお問い合わせください。

補助金額

 

補 助 金 額

基本補助

⑴新規用地購入+住宅新築 50万円

⑵住宅新築のみ 40万円

⑶用地購入+中古住宅購入 30万円

⑷中古住宅のみ購入 20万円

該当する場合の加算

⑸18歳以下の生計を共にする子供がいる場合

1人につき5万円

⑹矢板市内の建築業者を元請として住宅を新築した場合 5万円

※  ⑴~⑷のいずれかの基本補助に⑸及び、⑴~⑵のいずれかの基本補助に⑹が該当する場合は、それぞれを加算した合計額を補助金額とします。

※ 住宅新築には、新築の建売住宅購入も含みます。
※ ⑴及び⑶に該当するのは、用地と住宅の所有者が同一の場合です。
※ ⑴に該当するのは、用地購入から3年以内に住宅新築に着工した場合です。

申請受付

 住宅を取得した日(登記簿謄本に記載されている日)から1年以内 が申請期間となります。

その他の補助事業との関係

 この制度は、市が行っている他の補助制度(太陽光発電システム補助合併処理浄化槽設置補助など)や国・県(とちぎ材の家づくり支援事業など)の補助制度と併用しても差し支えありません。
※ ただし、東日本大震災により被災し、「矢板市被害者生活再建支援金」の適用を受けた方は、本補助金の対象となりません。
詳しくは

矢板市「暮らし」のびのび定住促進補助金要綱・申請様式 [PDFファイル/219KB]

をご覧ください。

移住のその前に…

 田舎暮らしをしてみたい。でも、そう簡単には踏み出せない。
 そんな方のために、古民家での 「お試し」田舎暮らし を提供しています。
 まずは1~3ヶ月、矢板市で田舎暮らしを体験してみませんか?

 詳しくは「矢板市就農・定住者促進事業-かまわぬ暮らしやいた-(外部リンク) のページをご覧ください。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)