ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

林業従事者支援事業費補助金のご案内

印刷ページ表示 更新日:2020年7月9日更新

林業従事者支援事業費補助金のご案内

矢板市林業・木材産業成長化推進協議会(会長:矢板市長齋藤淳一郎)では、矢板市の林業の成長産業化を促進するため、林業の担い手確保及び育成、林業従事者の安全衛生にかかる費用の一部を負担します。

UIJターン林業従事者の賃貸住宅家賃等支援事業

次の条件を満たす林業従事者の賃貸住宅家賃等に対し補助します。

条件
・UIJターンの市内転入者(45歳以下)で、林業に従事(就労または個人事業主)している方
・転入日より後2年以上、林業に従事する見込の方
・原則として5年間矢板市に居住見込の方
・賃貸住宅(公営住宅、社宅、親族が経営する民間賃貸住宅は除く)の契約者が林業従事者本人であること
・市税に滞納がないこと
・その他の補助制度を活用していないこと

補助対象
A 賃貸住宅家賃
B 引越し初期費用

補助率及び補助限度額
A 補助対象費用から住宅手当等控除後の額の2分の1
  1月当たり上限5万円(1千円未満の端数切捨)を24月分
B 一律10万円

林業研修及び資格取得等促進支援事業

次の条件を満たす方に、林業に必要な免許取得費用等を補助します。

条件
・矢板市内の林業事業者(法人または個人)に従事していること(個人の場合は事業主を含む)
・その他の補助制度を活用していないこと

補助対象
・林業に必要な免許取得費用
・林業に必要な技能講習費用
・林業の安全衛生等講習費用

補助率及び補助限度額
 補助対象費用(年度額)の2分の1
 1年度につき、1人当たり上限10万円
 ただし、消費税及び地方消費税を除く

林業従事者安全衛生対策支援事業

次の条件を満たす方に、林業に必要な安全装備品等に要する費用を補助します。

条件
・矢板市内に事業所(法人または個人)があること
・林業労働に必要な安全装備品や機械器具の購入費用であること
・その他の補助制度を活用していないこと

補助対象
・労働安全装備品購入費
・労働安全機械器具購入費

補助率及び補助限度額
 補助対象費用(年度額)の2分の1
 1年度につき、1事業者当たり上限10万円
 ただし、消費税及び地方消費税を除く

手続きの流れ

関係書類を添えて、補助金交付申請書を提出 ⇒ 交付決定(通知) ⇒ 費用負担の証拠書類を添えて、補助金請求書等を提出

予算の関係上、補助金をお出しできない場合がございますので、お早めにお申し込みください。

提出先

矢板市林業・木材産業成長化推進協議会事務局(矢板市農林課内)

提出書類

提出書類のダウンロードができます。