ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援 > 赤ちゃんの駅を募集しています

赤ちゃんの駅を募集しています

赤ちゃんの駅 のぼり旗矢板市では、乳幼児を連れた保護者が、安心して外出できる環境を整備し、子育て家庭の外出を支援するとともに、社会全体で子育てを支援する意識の醸成を図るため「赤ちゃんの駅」事業を実施しています。

 「赤ちゃんの駅」とは、「おむつ替え」、「授乳」の両方またはいずれか一方ができる場所であり、希望する乳幼児を連れた保護者が無料で利用できる場所です。

 市内の民間施設や公共施設を「赤ちゃんの駅」として登録していただくことにより設置を進めていきます。

1「赤ちゃんの駅」の設置主体

 矢板市内において、商業施設など、気軽に自由に出入りできる施設を有する方。

2「赤ちゃんの駅」の登録要件

 下表の(1)、(2)の両方またはいずれか一方の設備を提供でき、希望する子育て家族が
 無料で利用できる施設を「赤ちゃんの駅」として登録します。

区分 設備の内容

(1)おむつ替えのための設備

容易におむつ替えができるよう、ベビーベットやベビーシートなどの設備があること

(2)授乳のための設備

  • ソファや椅子など、母親がリラックスした状態で授乳を行うための設備があること
  • 授乳の行う際のプライバシーの確保ができるよう、四方を壁やパーテーションなどで仕切られたスペースであること
  • 調乳のための設備があること(可能な場合のみ)
    • 調乳用のポットなど、調乳用のお湯を提供するための設備があること
    • 70℃以上のお湯を提供することができること
    • 調乳用のお湯を安全かつ衛生的に管理することができること

3「赤ちゃんの駅」登録の流れ

  1. 「赤ちゃんの駅」登録申請書を子ども課へ提出してください。
    「赤ちゃんの駅」登録申請書の用紙はこちらからダウンロードできます。[PDFファイル/10KB]
  2. 子ども課の担当者が現地を確認します。(施設の現況写真を撮ります。)
  3. 担当者の確認後、登録します。
  4. 登録後、表示用ののぼり旗等をお渡しします。

4「赤ちゃんの駅」として登録していただくにあたっての注意点

  1. 施設において「赤ちゃんの駅」とわかるよう表示物などで周知をし、利用者に向けて配慮していただきます。
  2. 「赤ちゃんの駅」の安全及び衛生管理に努めていただきます。
  3. 登録した「赤ちゃんの駅」の内容や利用時間などに変更が生じた場合、その旨報告していただきます。

『矢板市「赤ちゃんの駅」事業実施要綱』[PDFファイル/15KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)