ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

認知症サポーター養成講座

 認知症になっても、安心して暮らせるまちを目指して、認知症サポーター養成講座を開催しています。

認知症サポーターとは

 認知症サポーターは、何か特別なことをする人たちではありません。「認知症を正しく理解してもらい、認知症の人や家族を温かく見守る応援者」として、自分のできる範囲で活動できればいいのです。
 例えば、友人や家族にその知識を伝える、認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める、隣人あるいは商店。交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをする、など活動内容は人それぞれです。
 また、サポーターのなかから地域のリーダーとして、まちづくりの担い手が育つことも期待されます。なお、認知症サポーターには認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をつけてもらいます。

オレンジリングを付けた人のイラスト

どんな内容?

 「認知症ってどんな病気?」、「こんな時どうしたらいいの?」など、皆さんの疑問解決のヒントになるような講座です。また、認知症の予防についても学べる内容となっています。

受講方法

 養成講座は、無料で各地域まで出張いたします。興味のある方なら、少人数でもお伺いしますので、ご相談ください。

対象

 市内在住または在勤の方 ※市内会場で受講可能な方

申し込み

電話または窓口でお申し込みください。

申し込み・問い合わせ

高齢対策課
Tel 0287-43-3896

ロバ隊長のイラスト